2008年11月29日土曜日

尾瀬 檜枝岐村七入オートキャンプ場はすでに雪で通行止めに


 昨夜、尾瀬 檜枝岐村七入オートキャンプ場のオーナーである星さんご夫妻から電話を戴いた。村のスピーカーから流れた連絡事項では、すでに七入オートキャンプ場までの国道は積雪のために通行止めになったということであります。やはり、檜枝岐村の冬は私が想像していたよりも遙かに厳しいものだと実感しました。
 テントを担いで雪中キャンプなんてのをやれば、それこそまったくの独りで一面白色の世界を独占できますね。お好きは方は生命保険をがっちり掛けて実行してください。その際はキャンプ場の利用料金は無料になるかも知れません。

 11月20日のブログ「天気予報どおりに檜枝岐村七入オートキャンプ場に雪が降ってますね。」檜枝岐村の定点カメラから雪の積もった様子をみて以下のように書いたのだが
本日は檜枝岐村に雪が降ると天気予報では表示されていましたので、檜枝岐村の様子を見たら、驚きました。結構積もっているではないですか。


 あれ以降一度も雪は消えることなく、そのまま根雪になってしまったようであります。標高1000メートルともなればそうなんでしょうね。これから来年の5月上旬まで雪と寒さとの戦いになるわけであります。

 しかし、こんなことをいうと村民に怒られそうですが、暖かい部屋でこたつに入って飽きるまで読書をしたりパソコンをしたりテレビをみたり酒を呑んだりの生活が半年以上できるのであります。それになんといっても各家庭に天然の温泉が引かれているというとんでも贅沢な環境でなかなか快適な暮らしがやれそうでちょっと羨ましいような気もする。
 近くにスキー場が数個ありますし、村営の天然日帰り温泉も3箇所あります。だいたいにおいて、ひとつの村に3箇所の温泉があるなんていうのも超ゼイタクな話であります。

 なんて、寒さと雪との戦いをまったく強いられないよそ者の感想でありました。星さんに怒られてしまうかな。
コメントを投稿