2008年12月12日金曜日

ちょっとだけ得した気分 プチ暖房

 エアコンは頭のほうだけ暖かくてちいっとも足下が暖まらない。それで近くのホームセンターユニディで足下に敷くちいさなホットカーペットを買った。

 これが案外暖かくて具合が良い。試しに椅子に敷いて座ってみたら、益々快適である。しかし、こうなると、腰から上半身は快適なのだが、やはり足下が寂しい。
 では元の使い方どおりに足下に戻すと、いちど腰周辺を暖める快感を味わった身としてはやはり腰回りが寂しい。
どちらかが快適だとどちらかが寂しいという体感型強烈股裂き状態に陥ってしまった。

 そこでAmazonから本物の足温器を購入した。偽物の足温器ってあるのか?という突っ込みをするりとかわしてとにかく手にいれたのだ。
 結果かなり快適である。もうエアコンはいらなくなった。自分の体の周囲だけを細々と暖める。1時間あたり2つつけていても8円足らずである。エアコンをバンバン入れるよりもかなり経済的である。よほどの事がないかぎりひとりでいるときはこれで充分間に合う。

 「足温器・足温マットは暖房界の小さな巨人です」なんて呟いてみる午前2時ちょっと過ぎ。

 そこで夕べ件のちいさなホットカーペットを敷き布団の上に置いてみた、これがまた充分すぎるほどの熱効率であります。冷え込む夜は湯たんぽを使っていたのですが、いちいちお湯を沸かさなければいけないし、カーバーを掛けなければいけないし、重いしといった理由でこれは結構面倒なのです。

 実家のある東北では最初からなんの断りもなく、電気毛布ですね。最初電気毛布にくるまった時にはなんか全身感電装置のなかに身を置くようで恐かったですね。翌朝にはその快適さに感動していましたけれども。
 
 私の住むところは中途半端なんですね。いずれにしても中途半端はいけません。
暖かいなら完全無欠に南国で、寒いならバッサリと奥会津っていうふうでなければいけません。我慢しようと思えば暖房なしでもいけそうなのが良くないのであります。

 んーーー、最後に何をいいたいのかわからんようになってもうた。
コメントを投稿