2009年1月3日土曜日

「檜枝岐物語」が届いた。

 昨年末の30日に「発送しました」のメールを3軒の古本屋さんから受け取った。新刊本でなかったので、届けられるのは年明けの10日過ぎ頃だろうと思っていたので、嬉しかった。
 発送しましたの3冊のうち2冊は大晦日にメール便で郵便受けに入れられていた。しかし残りの1冊がなかなかこない。注文した本屋さんは山形の「八文字屋」という老舗で最大手の書店であった。
 メール便の場合は声をかけることなく、郵便ポストに入れて行くだけなので朝昼晩とチェックをしなければならないのがちょっとだけ煩わしい。でも楽しみでもあるから、まめにチェックを続けた。さすがに4日目となるといささか心細くもなってきたのだが、昼にポストを見にいったら、入っていた。

 封を開けるのももどかしかったけど、さっそく取り出し、そのまま読みふけってしまった。

シアワセとヨロコビを存分に味わった3が日でありました。
コメントを投稿