2009年4月21日火曜日

体力は現地調達で

 最近はまったく体力には自信がない。これでもインターハイを始め全国大会に出るほどの体力の持ち主であったのだよ。
 これがいかんのだよ。若いときの力を過信して鍛錬を怠ってきたツケがこの歳になって報復されることになった。キャンプ場でのキャンプですらあまり体力に自信がない。たぶん一日目の設営はなんとかするだろうが、2日目はへばっているだろうなと思う。ことほどに体力は劣ってきている。

「いつまでもあると思うな、親と体力」

 なあにへばったら、へばったなりに温泉三昧でもやって体力の回復するのをじーっと待つまでのことじゃないか。そう考えればなんてことはない。


 だぁれ?劣ってきているのは体力だけではないだろっていってるのは。
 うーーん ここは敢えて反論しないでおこう。

 といったわけで行く前からおおいに怖じ気づいているのであります。しかし、どこかで一歩を踏み出さなければ何も始まらない。と、いうことで今回は大げさなキャンプをやってみようと大決断したのであります。
 んなことでいちいち「大決断」なんかするんじゃねえという声も聞こえてきそうですが、私にとっては大決断でありますから。

 それで体力のなさは最初からわかっているのですから、キャンプ生活の中で蓄えればいいではないかと。今日から大げさキャンプ用の準備を始めることにします。この準備というのも結構楽しいもので、キャンプをしている時のシミュレーションをしているようなものであります。足りないものは何なのかを細かくメモします。また、持っていくべきか置いて行くべきかとも結構悩みます。

 今回は大げさなキャンプをしますから道具類が結構あります。それでも行くまでは2日か3日かけてのんびりと道中を楽しみたいということもありますから、できるだけ余計な荷物は省くことを原則とすることにしました。
 これから先はあまり天気がよさそうでありませんね。じっくりと大げさキャンプの準備をしていきたいと思います。石油ストーブも持って行くので、灯油を入れるポリタンクも買わなくてはと思っていたのですが、先日キャンプ用品の倉庫を整理していたら、結構新しいポリタンクがでてきました。灯油なんてここ6年ぐらい使ったことが無かったのでまさかあるとは思いませんでした。ポンプはさすがにありませんでした。これだけは調達しておかなければ。これも整理整頓の効用ですね。

 今日の午後から準備を始めました。ざっと並べたらなんとか自分一人の寝る場所が確保できて、全部の荷物を詰め込めるようであります。先日大洗にテスト旅行をしていますのでその時の経験がかなり生かせるようであります。

 ひとつ疑問があるのですが、都市銀行のキャッシュカードで農協のキャシュコーナーでお金が下ろせるのでしょうか。無理かな。コンビニでは大丈夫ですよね。北海道では郵便局で郵便局のキャシュカードで下ろしたことがある。これって当たり前か。
 旅する時のためにと思って、イーバンクに口座を開いたのだが、まだ一度も現金の出し入れをしたことがない。残高0です。セブンイレブンと郵便局から入金できるらしいけど。いちど試しておかないと。
コメントを投稿