2010年10月22日金曜日

真夜中の包丁研ぎ

 先日天ぷらにしたカボチャの残り半分を使ってパンプキンスープにした。作り方はいたって簡単で、カボチャを圧力鍋を使って蒸します。蒸し終わったら、皮を取って竹べらでぐちゅぐちゅに潰します。できればここで裏ごしをしたかったけれども、我が家には裏ごし器がないので、そのまま牛乳とバターで煮ました。朝方に急に思いついたので家族の朝食に出しました。その他にパスタを茹でて、ジャガイモを蒸して、湯で卵を作ってそれらをマヨネースで合わせてサラダを作りました。これも朝食用であります。
 これらすべてに共通するのは、全部圧力鍋で蒸したということであります。なんのことはない圧力鍋で蒸すとどうなるのかをたんに試して見たかったのであります。これまで一度も圧力鍋で蒸すということをやったことがなかったものですから。
 しかし、これらのことを夜も開けぬ薄暗いなかで、ガサゴソとやっている自分はかなり異常だなと思わないわけでありませんが、思いついたらすぐにやりたくなるものであります。今朝はそんなこんなで自分用のご飯を炊くことができなかったので、家族にあわせてトースト・ハムエッグ・カボチャスープ・イモサラダという、何十年ぶりのパン食をしてしまいました。

 昨夜は久しぶりにマーボー豆腐を作りました。家人は気づいていませんが、失敗でした。テンメンジャンという中華甘味噌をうっかり入れ忘れたのです。気がついたのが片栗粉を溶いていれた後だったのでどうしようもありませんでした。だから辛さは充分だったのですが塩っぱ味が今ひとつパンチに欠けるマーボー豆腐でありました。なかなか思ったものが作れないものだと今更ながらに思い知らされました。

 本日は朝、昼と作り続けまして、かなり疲れてしまいましたので、簡単に豚鍋丼でごまかそうと思っています。これなら20分もあればできてしまいますからね。

 最近は調理するのが手早くなってきたのを感じます。それに応用というものがなんとなくできるようになってきました。以前だと冷蔵庫の食材をみて、それから料理を考えるということができませんでした。だから、これを作ってみたいというのが最初にありきだったのです。こうなると、全部買い物に行って食材を揃えてというところからはじめなければなりません。だから、私の無け無しのお小遣いはドンドンと減っていくのであります。妻からしてみれば別に頼んだわけでもないし、勝手に気まぐれに作っているわけですから、支払おうなんていう気はこれぽっちもありません。それに妻の買い物は1ヶ月分の食費がまずありきでありまして、どこのスーパーがどのタイミングで行けば安いとか高いとかを散々比較検討して買っているわけですが、私の場合は最終的に作りたいものが作れれば値段がどうのこうのなんてのはまったく眼中に無いわけでありまして、だから買い物のレシートなんてのを後で点検されて、高いだの安いだのと言われると腹がたちますから、レシートなんてものは即座に破棄しまして、証拠隠滅をはかるわけであります。自分でお金をだしているわけでありますから、一切文句も言われないし、言わせません。

 余談になりますが、最近欲しいのは100均で購入したザルとかボールを捨て去って、プロが使っているようなステンレスのザルとかボールが欲しいのであります。揚げ物をする時のステンレスのトレーは以前に欲しくて欲しくて3枚ほど自前で購入しました。男というものはこういうところがバカでありまして、まずは道具に凝りたくなるものなのですね。当然包丁は欲しいですよ。ただこれだけはおいそれと簡単に買うことはできません。値段もいいものはかなりしますし、どういうのがいいのかまだわかりませんからね。
 良い包丁を買うには研ぎが重要だと考えて2年ほど前から包丁研ぎの練習を重ねてきました。今ではかなりの腕に達していると自負しております。最近では自宅にあった3本の安物包丁を毎日のように研ぎ続けていますから。どうせ安物だから駄目にしてもいいと思っているのですが、なかなか駄目にはなりませんね。最近では自分でも怖いぐらいに切れるようになっています。夜中にムフフなんていいながらひたすら包丁を研いでいる中年オヤジなんてものもかなり怖い絵柄だとは思いますが。

 今回はいつまで続くかな料理というマイブーム。ある日突然ぴたっとやめてしまうなんてのは普通ですから。私の場合は。

 最近はおかしなものでアウトドアなんてどうでも良くなってきています。外で料理を作るのは大変です。やはり設備の整った自宅で料理を作ることにヨロコビを見出してしまっています。ん?どこかおかしい。そもそも料理をやろうと思ったのは快適なアウトドア生活をするには、まずは料理だと思ったのがキッカケだったんだけどな。これじゃあ本末転倒ではないか。
コメントを投稿