2011年2月24日木曜日

なぜか唐突に浮かんだフレーズ


 まったくなんの脈絡もなく「いつもーのことのように」というフレーズが浮かんできて困った。なんていう曲か思い出せない。ただものすごく古い曲だというのはわかるのだけれども。それが頻繁に浮かんでくるようになったのです。そしてようやくブルーコメッツの「何処へ」という曲だと判明した。こんな古い曲はどこを探してもないだろうと思ったが、ググッテみるとなんとありました。たぶん45cmのドーナッツ盤から収録したのでしょう、最初に針をレコードの上に落とす音が入っていました。
 最近はJAZZだのブルースだのと聞きまくっているのに、私の音楽のルーツは所詮こんなところにあるのかも知れないと思った。

「何処へ」1966年12月発売
  作詞/作曲:万里村ゆき子

1)いつものことのように 人は微笑み
 いつものことのように 人は涙ぐむ
 こんな小さな町にもきっとあるだろう
 喜び 悲しみ 明日のしあわせ
 僕はそれをさがしにきた

2)いつものことのように 人は知り会い
 いつものことのように 人は愛し合う
 こんな小さな町にもきっとあるだろう
 ふたりで育てる 本当の恋が
 僕はそれをさがしにきた

3)いつものことのように 人はおとずれ
 いつものことのように 人は去りゆく
 こんな小さな町にもきっとあるだろう
 会って別れて めぐりあう日が
 僕はそれをさがしにきた




探して見ればあるんですね。このようなCDが
コメントを投稿