2011年3月20日日曜日

日頃からガソリンは買いだめしておくべし

 みんなが燃料の買いだめに走ることを一概に批判できない。いつも車中泊で旅することを趣味としている私にはその気持ちが痛いほどわかる。車中拍者にとってガソリンはお金よりも大事なものなのですから。

 車はエンジンを動かせば、暖をとれるし、灯(あかり)もつくし、テレビ・ラジオもみられるし、いい音で音楽も楽しめます。私にとっては仕事をする空間でもあるのです。駐車位置が安全な場所なら、うまくすれば10日ほどは過ごせる快適な住居だと思っています。
 それもこれもガソリンが入っていればのことであります。車中泊での旅を趣味としている身としては、旅にでたときはガソリンの残量にはことの他気をつかっています。常にガソリンゲージは半分以下にはさせないように気を配っています。それはこれまでの経験から自然とそうなるようです。自宅の近所のガソリンスタンドのことはどこのスタンドはいつやっているのか、安いのか高いのか等々かなりの情報を持ってはいますが、旅先となるとそうはいきません。確かにカーナビにはガソリンスタンドの情報が入ってはいますが、最近は廃業する店が多くまるごと信じるわけにはいきません。特に田舎を好んで旅する私にとっては、入れられるところで躊躇しないで入れておかないととんでもない状況に陥るということを身を持って知っているのです。
 スタンドに寄ってガソリンを入れるって作業は面倒この上ない作業であります。だからついつい、次のスタンドでいいよって気持ちになりがちであります。しかし、次のスタンドはどこにあるのか。どこまで走ってもスタンドがないなんていう経験をなんどもしてきたのです。特に北海道での経験は恐怖すら覚えました。

 それでも、自宅にいる時は無頓着でありました。旅から帰ったら、まったく車の燃料のことなど眼中になかったのであります。普段はほとんど車を使うことがありません。旅にでなければ、月の燃料代なんて0円なんてことも珍しくありません。もっともっと災害時のことを考えておかなければならないと今回はおおいに反省させられました。

 今回はみなさん一斉にガソリンの買いだめに走りましたが、これが日頃から買いだめしていたならこのようなパニックにはならなかったのではないかと思います。各家庭にガソリンの小さな貯蔵庫があるようなものですから、そこに備蓄しておく習慣をつけておいたら、災害時にパニックに陥ることもなかっただろうと思わずにはいられません。

 私の車にはちょうど半分ぐらいの燃料が残っています。しばらくはこれで間に合いますから、わざわざ行列をつくってまで入れようとは思いません。あと1週間か2週間すれば落ち着いてくるだろうと思っています。そうなった時に入れにいこうと思っています。当分旅に出られそうにもないようですしね。
コメントを投稿