2011年5月26日木曜日

パソコンの たこ足配線 は他人事ではない tsubakiさんからコメントがすぐついた

ブログをアップした途端にコメントがありました。私の感じでは1分かからなかったのでは、マイッタ!tsubakiさんには他にもたくさんのコメントをいただいているのですが、なかなか返信できず失礼しています。



tsubakiさんが投稿「パソコンの たこ足配線 は他人事ではない」にコメントを書き込みました。
おもわず書き込みたくなるネタを発信されますね。タコ足は基本的に止めたほうが理想ですが、現代社会なかなかそうはいきません。ようは許容量内で使用する分には問題ありません。コードが20Aまでしか対応していないのに、それ以上消費する機器を沢山接続すればそれ以上の電流が流れますのでコードが熱を持ち発火の恐れがあります。また今回のニュースでは「折れ重なる」がポイントです。折れ重なっているだけでは良いのですが、生活の場ですから人が折れ重なったコードを踏んだりしたのでしょうね。コードの被服が薄くなり他のコードとショートしたのが原因ではないでしょうか?

要はコードを踏むような配線はしない、コンセントの差し込み口が引っ張られて抜けかかるような、差し込み口が甘くなるような配線はしない、許容量が充分な太いコードを使った製品を選ぶ事が肝要かと。

 なるほど、そう云われるとなんとなく安心するところがあります。いかにズボラな私でもコードを踏むような場所には設置してませんね。それに、パソコンの電源、ディスプレーの電源等はコンセントから直接取るようにしてありました。電源タップには細々とした付属する機器ですね。PC用のスピーカーとか、外付けのハードディスクとかHUBとかですね。
 これを書いていて、ふと思ったのですが、最近増えているのはUSBですね。USBから電源を取るっていう機器も増えていますね。スキャナー・iPad・iPhone・ペンタブ等々電源を取らなくてもUSBを使用するものが増えまくってきて、最近はUSBHUBも使用しています。なんだか人間として、まったく正しくない生活をしているようで後ろ目たい気がしてくる今日このごろです。
コメントを投稿