2011年6月27日月曜日

YAMAHA デジタルパーカッション DD-65 使ってみて


 面白いおもちゃには相違ないが、バスドラとハイハットがボタンというのは使えない。ハイハットはそう頻繁に踏むもんではないが、バスドラは頻繁に踏む。これが音が出たり出なかったりというのがいただけない。私の踏み方が悪いのだろうか。普通のドラムセットならば、バスドラは誰が踏んでも音は出るものだけれども。やっているとイライラしてきます。
別売りで、バスドラのパッドも売っているのだが、それが確か7000円ぐらいするのです。それにフットペダルも併せて購入すれば16000円ほどになってしまう。オイオイ本体が23000円ぐらいなのにそれは無いだろうっていう世界になってしまいます。これだったら普通にデジタルドラムの安いやつが買えてしまったではないですが。うーん考えてしまいます。
 それから内蔵されているスピーカーはやはり音量は足りませんね。ヘッドホンをつけてやれば結構迫力ある音が楽しめます。それに外部スピーカーをつなげばこれもかなりいいですね。まだまだ使いこなしていないので時々レポートしてみます。
コメントを投稿