2011年7月30日土曜日

平穏な日々の終焉なのだろうか

 この数日間、そろそろブログを書かなければとウスラバカ頭で思っていたのです。しかし、こういったものは、連日書いていないと、その軽薄な文であってもなかなか出てこないようであります。連日1行から2行ほど書いては、その後がまったく続かなくて敢え無く挫折撤退という事を繰り替えしてしまった。

 この状況に始めのころは少なからず焦りもしたが、じきに諦めの気持ちに支配されてしまって、今に至ってしまったわけであります。
 で、日付が変わったからといって、このウスラバカ頭が劇的に改革開放されて明晰な頭脳に変化したなんてことは決してないのであって、ここまで書くのにも四苦八苦、青息吐息でなのでありました。なんとか文字だけでも打鍵して支離滅裂・意味不明であっても書いた物はアップしようと断固たる決意をもって臨んだのでありました。

 7月も終わりに近づきました。梅雨明けが意外にも早く、すぐに温度が上昇したのでどれほどの暑い夏になるのかと、いささかタジロギもしたのですが、この1ヶ月は拍子抜けするほどの涼しい状態できたのではないかと思われる。冷夏といってもいいぐらいに涼しいと感じる今日この頃であります。
 私の生活は6月の後半から今月の前半にかけて多少飲み屋での連日連夜酒呑みに走ったこともあったが、「あ、これはイカンいかん」とすぐに立て直しをおこなったのでありました。
 抜本的対策を早急に行ったので、最近では、いつもよりかはかなり規則正しく暮らしてきたように思われます。むしろこれまでの生活よりも数段上のような気さえしてきてしまう。この1ヶ月良くやったと自分を誉めてやりたいと思うぐらいなのであります。

 しかし、ブログをまったく書かなかったこのひと月はなんと平和だったのかと正直思います。とここまで書いて後は続かないので本日はこれまでであります。リハビリを兼ねての駄文でありました。ではでは
コメントを投稿