2011年8月31日水曜日

Apple iPod classic 160GBの使い心地


 日曜日(28日)に茨城遠征から娘を車に乗せて帰宅したら、Apple iPod classic 160GBが届いていた。取るものも取りあえずに、梱包から出すのももどかしかったのですが、とにかくパソコンとの同期を行った。充電にもしかしたら時間がかかるかなと思ったが、最初から充電されていたのか、またパソコンとの同期に時間がかかったので、その間に充電されたのかはわからなかったが、同期が終了した時点では満充電の状態であった。

 さっそく居間の音響装置につないで聞いてみる。はいはい大変満足な状態でありました。ただ参ったのはユーザーインターフェースがシンプル過ぎてなかなか思い出せなかったのであります。その前に何年間か毎日のように使っていたにもかかわらずにです。ま、あれこれ弄っていたらすぐに思い出しましたが。こういうところにもアップルのデザインの良さが顕れているように思えます。

 使い始めて2日目にして、重大なことに気づいたというか、気づかなかったというか。そういえば最初に購入する時に一番気になっていた、ハードディスクの動作音でありました。使い出して2日目に思い出したということは、それまで何も気にならなかったということであります。
 因みにAmazonのカスタマーレビューには以下のような書き込みが目立ったし、価格.comのサイトにも多く見受けられました。
ちなみに160GBのipodclassicからは
完全にHDDが韓サムスン製に移行しているそうで
(120、80GBまでは東芝製も含まれていたようですが・・)
5世代ipod(HDD東芝製で、静か)を使っていた身としては
この「カチッカチッキュイーン」という独特のHDDの動作音が
音楽・動画再生開始時・再生中・曲選択中、むしろ何もしていなくても
鳴るのは非常ーに気になります。
 「カチッカチッキュイーン」の音は最初から覚悟をしていたのですが、これがまた不思議なことにまったく動作音がしないのです。様々に操作して、しまいにはiPodに耳をぴったりくっつけて見ましたが、HDDの回転音すら聞くことができなかったのです。これは不思議でありました。推測するにあまりの評判の悪さにApple社は、そーっと採用しているハードディスクを変更したのだと思われます。私にとってはこの上なく良かったことであります。

 また以前に使っていたJBL on station micro ホワイト ONSTATIONMICROWHTJを机の奥から引っ張り出して、電池を入れて聞いてみました。良かった、壊れていませんでした。車中泊用に以前購入してiPod classicが壊れるまで結構利用していたのです。値段を見てびっくりです。こんなに高いものを絶対に買うはずがないと思ったのです。Amazonの注文履歴を見ましたら、2009/5/30にSANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形 4本パック HR-4UTG-4BPと一緒に購入して¥16,290となっていました。現在の値段が¥23625となっていますから、大幅な値上げですね。iPod classicに拘ったというのもこのスピーカーを使いたいというのもありました。かなり強力な音がでるところが気に入ってもいるのです。私の車中泊の強力なグッズのひとつでもあったのです。


 何はともあれ、これでまた旅に出かける楽しみが増えました。ワクワク
コメントを投稿