2011年9月21日水曜日

車内テレビでDVDを観るのに苦労した話


 先日「洗高応援隊の日記」の管理人S様ご夫妻から、娘が参加している大洗高校マーチングバンド ブルーホークスの活躍する姿が映っているDVDを山のようにいただきました。その前にも頂いたDVDが山ほどありまして、それを車中で見ようということになり、山形は米沢のヤマダ電機を目指しましたら、途中にケーズデンキなるものがあったので、そこに入って交渉しまして購入しましたのが上記のPioneer BDプレーヤー BDP-4110であります。ケーズデンキの駐車場で早速車のビデオ端子に繋ぎましてスイッチを入れましたら、当たり前だけど見事に映りました。電源はもちろんサブバッテリーから取りました。と、ここまでは良かったのであります。

 忘れていたのです、車のテレビはサイドブレーキを外すと映らなくなるということをです。だから走行中には音声は聞こえますが、映像が映らないのであります。山形から帰宅する間、何時間だろうか高速使わなかったので(これはケチだからではありません。東北縦貫道を走れば福島原発の近くを通ることになります。何も好き好んで放射能まみれになることはないですからね。喜多方を抜けて奥会津に入り塩原を抜けるコースを選択しました。)かなりの時間そのDVDを聞くことになりました。これが結構大変だったのです。信号待ちしている間にサイドブレーキを踏めと、隣の妻が命令するのです。これが帰宅するまでちょっと停車すればサイドブレーキを踏み、発進する時には外すという作業を何十回くりかえしたことか。いやー疲れました。

 こうなると車内のテレビにカーナビ騙しをつけるか、別売りのモニターを買うかするしか無いですね。うーんまた余計な買い物をすることになるかも知れないな。
 自宅について、Pioneer BDプレーヤー BDP-4110をテレビにつないで鑑賞しましたが、ブラウン管テレビですから映りはいまいちです。うーん、うーんこうなると・・・・・。

このぐらいの値段なら、ブラウン管テレビから格上げしてもいいかなと考え始めているのでありました。ただDVDを観る以外はテレビは見ないしなぁ。どうしようか悩ましい問題であります。
コメントを投稿