2011年10月1日土曜日

PowerDirector9 Ultra64というビデオ編集ソフト

 旅から帰ったら気が抜けてしまったようで、どうもブログが書けなくなってしまった。その変わりまたコリもせずにプログラミングをやり始めている。
 年を取るとプログラムはできなくなるというのは、どうも嘘のような気がする。確かに若い時のように3日も4日も徹夜をして、何がなんでも納期に間に合わせるなんてことはできなくなってしまっているが、その分じっくりと取り組むようになってきているような気がする。もっともプロでやっていた時と趣味の範疇のプログラムはあきらかに違うのだけれども。
 ま、そんなこんなで、のんびりとプログラミングを楽しんでいるのであります。おかしなテレビ見ているよりは余程面白いし、有意義な時間を過ごしているような気がしている。

 それで、プログラミングの話とはまったく関係なく、ビデオの編集ソフトを探していたのですが、この分野はまったくの素人なので、どれがいいのかはさっぱりわからないし、上を見れば実に値段が高い。しかし、ある程度高価なものを購入しないと安物買いの銭失いになるのではないかと思えてきたりと散々迷ったのですが、取り敢えずPowerDirector9 Ultra64 DVDメニューテンプレ増量を購入してみた。実際はこの値段ではなくPowerDirector 9 Ultra64 (ダウンロード)とMediaEspresso 6.5 (ダウンロード)の抱合せで8,499 円 (税込)でありました。

 昨夜ダウンロードしてインストールしたのですが、使い方がまったくわからないので、ついてきたPDFのマニュアルを3ページほど読んだだけなので、使い勝手が云々なんてことは今の時点ではひとつも言えません。果たしてこのソフトまともに動くのかどうかさえわからない状態であります。この分では普通にビデオの編集をするまでには相当の時間が必要になりそうです。
 うーん、またしても自ら厄介のタネを呼び込んでしまったような気がしないわけではない。いやはや。
コメントを投稿