2011年11月19日土曜日

ゆったりとした時が流れて

2日ほど続いた晴天が、一転して重そうな雲に覆われてしまい、今にも雨が零れ落ちそうな気配です。毎日温泉に行く以外は格別な用事がないので、ネットをみたり、読書をしたりとのんびりとした日々を送っている。それはそれでいいのだが、どうも根が基本的に我ままにできているようで、また、どこかへ行きたいという思いがムクムクと芽を出してきているのを感じる。
 秋田、青森へということを考えないでもないのだが、いつ雪が降ってもおかしくない状態なのだから、ちょっとだけ躊躇してしまう。ただ、今の時期は雪は降ってもすぐに消えてなくなるだろうとも楽観的に考える。

 あの道の先にはこれまで自分が見たこともないような美しい風景が待っているように思えせかされるようにアクセルを踏む。それが幻想であったとしても、それよりも先にはきっと美しい村、美しい人々が生活していると思ってしまう。その思いのほとんどが外れてしまうのだが、それでもその先を夢見てしまうのであります。

 3.11以降フクシマには一度も入っていない。山形に入るのにも新潟を迂回するルートを取っている。だから倍以上の時間がかかるのだ。それも考慮しておかなければならないだろうから、さてこれからどうするかだ。そうだ、とりあえず温泉にでも入って温もりながらゆっくりと考えることにしよう。
コメントを投稿