2012年4月28日土曜日

BackUpソフトの導入を検討しはじめた。今頃かい

起動用ハードディスクをリニュアールしてかなり快適になったと無理しても感じてる今日この頃であります。そりゃあそうでしょう、なけなしのお小遣いをはたいて、やっとここまできたのですから意地でも満足しなけりゃあね。
これまでは起動用のハードディスクの容量が小さかった点もありますが、CドライブにはOSと各種ソフトを置き、Dドライブにはデータを置いていました。現在は両ドライブがともに2テラバイトになったので構成を変更してみようと考えています。
Cドライブにすべてのファイルを置いて、Dドライブにはバックアップファイルを置くという方式です。こうなってくると手動でいちいちバックアップと取っていたのでは面倒だし、その面倒さがついついバックアップを取り忘れていたなんてことになりかねません。
これまでは1週間に一度ほどUSBの外付けハードディスクに手動でバックアップをとっていました。そして、思いついた時だけ(ひと月に一回か3ヶ月に・・・・・ぐらい)もうひとつのやはりUSBの外付けハードディスクに取っていたのです。その経験からいいますと、やはり手動で行うというのはかなり面倒なことですからついつい取らなかったり取ったりということになってしまいます。

そこで思いついたのがバックアップ用のツールです。これで一日の作業が終了するときに変更があったファイルや新規ファイルだけを自動でバックアップを取ってくれれば楽だし安心ですからね。さきほとちょっとだけ検索してみましたら、結構至れり尽くせりのツールがたくさんありますね。どれがいいのか今のところわかりませんがこれから検証してみたいと思っています。
なぜもっと早くこのことに気づかなかったのか不思議でしょうがありません。(ただの無精なんだよ)

今のところ最有力候補ということで以下のツールを入れてみたいと思います。他にも数多くのソフトがあります。Windows7での動作確認が行われていることと、無料ということが最大の理由であります。ただ常駐してCPUの負荷率が低いときに稼働するというのはちょっとと思いますが、そこは設定でなんとかなりそうです。
常駐ソフトが増えてくると立ち上げが遅くなりますから、できるだけそういうものは使わないようにしています。でも気がつくといつの間にか増えていることになるんですよね。困ったもんだ。


アイドル☆バックアップ


お待たせしました、Windows7での動作を確認しました。

「ばっくんちょ」は使いやすさを重視したバックアップツールです。
バックアップツールに慣れない初心者であれば、バックアップ元/先を指定するだけでバックアップを開始できます。それでいて、非常に多くの機能を使用することができます。しかも、全ての機能を漏れなく使用したとしてもあまりの設定内容の少なさに驚かれることでしょう。

<主要機能>
・差分バックアップ
日付比較を行い新しいファイルだけをバックアップすることができます。
・同期バックアップ
バックアップ元のファイルが削除された際、バックアップ先からもファイルを削除し同期を保つことができます。
・履歴バックアップ
バックアップ先に日付別フォルダを作成し、バックアップ元の履歴を保存しながらバックアップを行います。履歴の保存期間を∞以外にした場合は保存期間を過ぎた履歴フォルダを再利用し、差分&同期バックアップを行います。
よって履歴バックアップも高速です。
・フィルタバックアップ
バックアップ元のファイル名によりフィルタをかけ、バックアップ対象を絞り込むことができます。
・その他
圧縮/スケジュール/全自動バックアップ(バックアップ後PCの電源断)などがあります。
コメントを投稿