2012年4月6日金曜日

買って良かったポメラDM100


 なんだかあれこれ言い訳をしながらも新型ポメラDM100でありますが、使ってみて一番感じたのは、これまではメモの道具でありましたが、DM100はれっきとしたエディタであります。DM20までは画面の狭さもありましたから、長い文章を直接編集するには結構苦しいところがありました。だから最終的な仕上げはパソコン上で行なっていました。DM100になってからは、ポメラ上で最終編集までやっても何ら違和感がなくなりました。こうなってくると益々手放せなくなってしまいます。
 次に使いやすく感じた点は、これまでのポメラの特徴であった、二つ折りのキーボードが廃止になったことです。これによってキーボードが強固になって打鍵しやすくなったことです。これまで運転している途中でキーボードを膝の上において打鍵することが多かったのですが、その場合二つ折りのキーボードだとヘロヘロでして、下に厚いノートとか板を敷かないと打てなかったのですが、こんどはそのようなものがなくても、膝の上においても楽に打鍵することができます。車中泊での旅を趣味としている人間には大助かりであります。
 3番目にいいなと感じたのは、DM100からはバックライトがついたことであります。これには賛否両論あるみたいですが、私は大賛成であります。最高の輝度にしても眩しいなんてことはなく、暗い場所でもわざわざランプを灯すこと無く普通に作文作業に入れるのであります。これも車中泊を趣味としているものにとっては誠にありがたい機能であります。他にもいろいろな機能が追加されていますが、たんなるテキスト書きの私にとってはどうでもいいことだらけです。そりゃあないよりはあったほうがいいというぐらいであります。旅するときはノートパソコンも一応持っていきますので、どうしても言う時はノートパソコンを使えばいいだけの話ですからね。

 これは決して自分への言い訳ではないのですが、DM100は購入して本当に良かったと思います。(汗)
コメントを投稿