2012年5月19日土曜日

年寄りは滅法朝が早いので困るノダ

12時に起きてしまい、また寝ようとしたのだけれども眠れそうになかったので、そのまま仕事に突入してしまった。朝方は結構寒さを感じて温度計をみたら17℃ほどでありました。ただ天気予報では昼間の温度はかなり上昇するということであります。

途中食器洗いや洗濯やらの家事をやります。でも私の家事は気分転換のためのもので、もとより家事を目的としていないのです。だから家事が進む時というのは、結構面倒な仕事をやっている時に限るのであります。集中力が極端に落ちている昨今は連続して突き詰めて考えるということができなくなっています。
そんな時に迷わず洗濯をしたり、お風呂を洗ったり、食器を洗ったりします。そうすると不思議に集中できて本業のほうも進むのです。だから妻にもいつだって家事をやるやるつもりはないから、絶対に期待をしてはダメだと言い聞かせています。
そんな乏しい集中力も、なんかのはずみで途切れることなく知らず知らずに夢中になっている時があります。こうなってしまうと、家事なんてものはまったく頭のなかにはありません。ご飯を食うことさえ時間の無駄に思えるときもあります。これがまた悪いことに2日も3日も続くことがあります。これはヨロコばしいことなのでありますが、その後がいけません。気力がまったく無くなってしまうのです。ただボーっとしている日が続きます。短ければ2日か3日で復帰できる時がありますが、長い時だと1週間から2週間と続いてしまいます。そうなっている時も家事なんてのは完全に欠落してしまっているのです。やらなきゃいけないかななんて思うこともありますが、なにせ体に力が入らないのですからどうにもなりません。
これらの事は最近気がついたことであります。そういう時は家にいてもしょうがありません。温泉にでもでかけて行って、気力がもどるまで旅をするのが一番なのであります。(なんだか無理やり旅に持っていこうとしているみたいだ)

ここ1週間ほどはマメに家事労働をやっていますからしばらくは旅にでなくても済むようです。ということはそれほど順調に仕事もこなしていないとも言えますね。なんだか考えれば考えるほど自分というものがわからなくなってきてしまいます。

もう6時半になりますね。どれ、熱々ご飯でも炊くことにするかな。
コメントを投稿