2012年5月19日土曜日

風のある日は放射能は飛び散るということを実感した。

行政やマスコミの発表する数値はどうも一概に信用できないということで、自前のガイガーカウンターを準備した。それで時々計測し始めましたと先日書きました。そして本日の計測結果です。

ここのところいつ計測しても0.05μSv/hに落ち着いていた放射線量ですが、さきほど気まぐれに計測してみたら、あら大変。

1回目は0.09μSv/h2回目=0.09μSv/hでこれはおかしいということで3回目を計測したら0.14μSv/hと3回とも高かった。朝から窓を開け放してたからだろうか。今日は気持ちのいい5月の風が吹きわたっているのだけれども、放射能もびゃんびゃん飛散しているようです。

では窓を開けてない部屋だとどうだろうと計測したら0.05μSv/hといつもと変りなし、こうなれば面倒だけれども外でも計ってみなければなるまいということで玄関前に降りていってやったら、1回目が0.14μSv/h2回目0.09μSv/h3回目0.09μSv/hという予測したとおりにこれまで地面に落ち着いていた放射能が風に煽られて四方八方に飛び散るという結果を導きだしました。

 これじゃあ、いくら除染したって意味がないのではないかと思います。たぶんモグラ叩きのように除染した後に風に乗ってどこからかまた降り注いでくることでしょう。
コメントを投稿