2012年5月7日月曜日

PremiumProをいじくり回す日々

ほんとうはPhotoShopとIllustratorを覚えるつもりだったのに、PremiumProにはまってしまった。After Effectsだったらもっとはまりそうです。これまでビデオ編集にはPowerDirector10というソフトを使っていた。
最初にPowerDirector10を使った時にはあまりの凄さに驚いてしまった。それに値段も安かったし、何よりも操作が直感的でわかりやすかったのであります。これは参考書もネットでの操作マニュアルも見たり読んだりした覚えがありません。
AdobeCS5.5のファイル群を眺めた時にまさかそこにビデオ編集ソフトが2本も含まれていることすら、しばらくの間わからなかったのであります。最初にあれ?これってひょっとしてビデオ編集ソフトじゃないのかなと思ったのがAfter Effectsであります。紹介ビデオをみると、もの凄いことをやっているのです。テレビ局で使っている技のほとんどがこれでできるのではないかと思えるくらいのことをやっているのです。しかし、私はそれに取り付くことはしませんでした。すぎに取り付くにはどうもハードルが高すぎるように思われたのであります。
だからビデオ編集はこれまで使ってきたPowerDirector10でいいやとなったわけであります。ところが、最近になってPremiumProはPowerDirector10に似たビデオ編集ソフトだということに気づいたのであります。操作体系は似ています。どちらが似せたのかはわかりませんが、結構簡単にPowerDirector10と同じような処理はできます。当然PowerDirector10には搭載されていない高機能は無数にあることも発見しました。
というわけで現在はPhotoShopとIllustratorも忘れて、当然FLASHなんてのは、まだ一度も触っておらず、Dreamweaverは忘れ去られた存在になってしまって、ただひたすらPremiumProをいじくり回す日々となってしまっています。
コメントを投稿