2012年6月25日月曜日

ロックン・ロールとダブルファンタジー

もう何十年も前からビートルズを自ら求めて聴こうという気持ちが失せていた。それは決してビートルズが嫌いになったわけでは無いのです。たぶん若い時分にきすぎたのだろうと思うし、日常でも彼らの曲は他の演奏家のカバー曲として、かなりの頻度で耳にすることができるからである。
日常BGMとして流れてくるビートルズの曲を何気なく耳にすると「おっ!」なんて無意識に反応している自分を発見したりするのであります。


それが、10年ほど前だっただろうか、急にジョージ・ハリスンが好きになり、彼の曲にはかなりハマってしまい、今でもそれは変わっていない。

それでも、ビートルズを自ら聴こうとは思わなかった。ビートルズのジョージ・ハリスンではなくて、ビートルズ以降のジョージ・ハリスンを好きになっただけの事なのであります。当然他のメンバーの曲を聴こうとは思わなかったのです。


それが、今年になってから急にビートルズがきたくなってしまいました。もともとiTunesには300曲ぐらいは入っていたのですが、ほとんどがランダムに演奏させた時だけ偶然に いただけですから、演奏回数が0になっておりました。
そんなこんなで再びビートルズを聴きこんできて、目についたのが、ジョン・レノンのロックン・ロールダブル・ファンタジーであります。この2枚のアルバムはその昔レコードで持っていたのでした。
ダブルファンタジーは題名からして、オノ・ヨーコを除外するわけにいかないのでしょう。騙されてオノ・ヨーコのライブに行ったことがあるのですが、それはそれは気持ちが悪くなるぐらいの音痴でありまして、当時は音痴なのがゲージュツ家なのだと本気で思っていましたかね。このアルバムではうまく誤魔化してありますね。ミキサーやディレクターはかなり苦労しただろうな同情してしまいます。
これでポール・マッカートニーに行くかというとなかなか行かないでしょうね。ただこれまでの事もありますから、断言はできないですけれどね。

この2つのアルバムは中古品を買いました。ロックロールは1000円で送料340円でした。ダブルファンタジーのほうは送料込みで341円つまり1円でありました。パソコンに取り込んでしまえばCDはいらないですからね。中古品で充分であります。

コメントを投稿