2012年8月16日木曜日

夫婦の時間

 年に2回ほど夫婦で旅に出る。娘が高校生で大洗の寮にいる時は、学校の行事で日帰りが出来るにもかかわらず、それを利用して1泊ないし2泊の旅をした。昨年までの3年間は年間10回以上の旅をしていたと思う。

 一人旅と違って夫婦での旅はひとつも寂しくなく、家にいる時とほとんど変わりがないようなところもあるからだ。
 ただお互いの口数は必然的に多くなる。普段は互いに会話らしい会話もしていないが、旅の途中は結構饒舌になり、あれこれと話す。ああ!仲が良くていいですねとなる。

 だがしかし、これが一旦険悪になると始末に困る。だって怒って途中で別れるわけにもいかないから、互いに黙りこくることになる。最悪の雰囲気である。だから、夫婦で旅するときにはなるべく険悪な雰囲気にはならないように気を使ってしまう。大概の場合はそうならないで助かってはいるが。

 車中泊の旅に出た時にストックしてある、非常食を消費しようと思って持っていくのだが、これがひとつも減らない。できるだけこういう機会を利用して非常食の賞味期限を新しいものにしようと計画はしているのでありますが。毎日どこかのスーパーに寄ってしまうのだから、非常食など無くなるわけがないのです。

 私と妻にとっては買い物もひとつの娯楽になっているのかも知れない。どんなところに行ってもかなり大型のスーパーがあります。田舎に行けば行くほど大型の店があるような気がします。

 午後3時頃になると、今晩の寝床を探すことになります。その前に夕ごはんの買い物を済ませるようにしています。目についた比較的大きなスーパーがあれば何も考えずに駐車場に車を入れます。普段滅多に二人で買い物をすることなどありません。だいたい私は普段からスーパーに行く事はありません。だから結構店のなかをブラツイているのが楽しいのであります。
 それでも大概の場合私は飽きてきて、先に車に戻って読書をしたり、昼寝をしたりネットを覗いたりしています。妻の買い物は長いというのを発見したのも二人で旅をするようになってからのことであります。
 それはそれで普通の日であったらいいのです。だが、普段より走っている時間が長くなって買い物をする時間が無いなんていう時には困ってしまうのです。最初妻の買い物が長いということに気づかなかったのでイライラのしどおしでありました。それに気がついてから、時間の無いときには私もついていって必要なものをドンドン買わせてしまうのであります。そうしないとまた無駄に時間が経ってしまうのです。買い物が終わった後は温泉に行かなければならないのです。だからモタモタしてはいられないのです。
 それで、レジで精算を済ませるまで待っていなければなりません。その精算が終わる前にあれを買い忘れたなんてことになって、また売り場に戻る可能性があるからです。おかげ様で私はここまで用心深くなったのであります。通常は妻のペースで一向に構わないのですが、これまで運転で疲れているし、夕方になったら私のビールタイマーが働くようでシュポっとプルトップを抜かなければならないからなのであります。

 温泉と冷たいビールのない旅なんて絶対にしたくありませんからね。
コメントを投稿