2012年9月12日水曜日

しつこくやっていれば重大な発見をすることもある。かもね

 完璧に近いご飯の炊き方をどうやらマスターしたようであります。一昨日と昨日に炊いたご飯は自分が理想とするご飯にかなり近かったような気がする。本日も炊いてみて様子をみることにするが、たぶん大丈夫だろうという気がする。
 自分の炊いたごはんを最上のものだなどと思い上がってはいない。世の中には上には上がおり、特にプロだと思われる人たちの造るものは、私達素人が造るものとは一線を画していると感じている。彼らプロには適わないまでも少しでも近づきたいと願っているのであります。
 その為には勉強もするし努力も惜しまない覚悟もしているのであります。そのほうが生きていて絶対に楽しいのであります。自分の持っている5感を最大限働かせて自分の頭で考えることがより大切だと思っているのであります。

 一時期は圧力鍋でご飯を炊いていたが、次第にそれが面倒に思われて、いつの間にか電気炊飯器で炊くようになっていた。
 それが今年の春頃から、再び圧力鍋で炊くようになったことは以前に書いたとおりであります。またひととおり圧力鍋でご飯は炊けるようになったのですが、わざわざ手間暇かけて炊いた割りには不満の残るものでありました。
 それは、抜群のモチモチ感はありますが、それが米一粒一粒が独立しているモチモチ感であったら許せるのですが、炊いた米全体がモチモチになってしまっていました。理想からすれば全体がパラリとしているが、一粒 一粒はモチモチとしている状態なのです。
 これをなんとかしようとかなり努力したのですができませんでした。家族はおいしいとお世辞だかなんだか知らないけれどいってくれますが、自分的にはまったく満足のできるものではありませんでした。水加減を変えてみたり、炊く時間を長くしたり短くしたり、水に浸しておく時間を工夫したりと散々悪戦苦闘を重ねましたがまったく改善されませんでした。

 それがひょんな事で劇的に改善されたのであります。どうせなら炊きたての暖かご飯を食べさせたいと思うのが人情であります。しかし、いつも食べるタイミングに合わせてご飯を炊くというのはかなり面倒な作業であります。それに私のところの家族の帰宅時間はバラバラでそれに一々対応することなど不可能なことであります。そこで考えついたのが炊飯は圧力鍋でやり保温はこれまでどおりに炊飯器でやるということでした。
 こうすればご飯の炊く時間を気にする必要がありません、夕方の都合の良い時間に炊いて後は電気炊飯器に放り込んで保温のスイッチを入れておけばいいのです。
 この方法は案外旨くいって大変満足のいく結果を得ることになったのです。そしてその副産物として、これまで願っていた全体がパラリとしているが、一粒 一粒はモチモチとしている状態を実現することになったのです。理屈は簡単なことでありました。炊き上がったら蒸らして、そして圧力鍋の蓋をあけて天地返しをやり余分な水分を逃してやるという一手間が必要であったのであります。 
 これはまったく気が付かなかった。気がついてみればなんだそんな事かというものですが、電気炊飯器はそんな事をしなくても良いように何度も実験を重ねてプログラミングがされているのだと思います。
コメントを投稿