2012年12月18日火曜日

依頼されたホームページ作りは最初から行き詰っています。

今回の選挙も負け組でありました。これはこれで結構ショックなのでありますが、いつもの事でありますから別にいいのです。

 依頼されたホームページ作りですが、ひとつも順調ではありません。何が1番問題なのかといいますと、文章作りであります。ホームページを作るとなると一般的には1番先に問題にするのはデザインだと思います。私の場合は文章なのであります。まずは文章ありきから始まります。
 最初に長い長い文章が書ければ半分以上成功したことになります。最初に書いた長い長い文章をドンドンとぶった切っていって切り詰めていきます。そうすると何を訴えたいのかの要点が見えてくるようになります。そうなってきたら構造化をはかります。構造化といえば一見難しそうに聞こえてきますが、なんの事はない見出しをつける作業であります。大見出し・中見出し・少見出しという具合に分割していくのです。ここまでくれば90%は終わったことになります。後の10%でデザインを考えます。
 と書けばいかにも簡単そうに思えますが、最初の文章作成でつまづいてしまいます。最初は箇条書きから始まります。盛り込まなければいけない文言をどんどんと並べて行きます。それに尾ひれ足ひれをつけて膨らませます。こんどは余分と思われる部分を削ります。最初と逆の作業をやるわけであります。
 ところが今回はまったく初めての業界ということでネタがまったく無いのです。長い駄文を書こうにも書きようがないという大変な事態にいることに今頃になって気づいています。いったいどうなることやら。いやはや
コメントを投稿