2012年12月25日火曜日

山形新幹線福島を過ぎるといきなり鈍行と化してしまうのだが・・・

甑岳の積雪はそれほどでもなかった
今年は郷里山形に4回も帰省したと書いたのは昨日のブログです。しかも、2回は山形新幹線を使ったのです。新幹線に乗ったのはもう思い出すことさえできないほど昔の話なのであります。
 新幹線はさすがに速いですね。本当に感心してしまいます。
 で、でもそれは福島までのことであります。福島と山形の間にある峠越えをしてからは、???????でいきなり各駅停車の鈍行と化してしまうのでありました。
 それまでは、東京・上野・大宮・宇都宮・郡山・福島と郡山だけは納得できない停車駅でありますが、ま、それほど目くじらを立てる問題でもないのですが、山形に入ると、米沢・赤湯・上山・山形・天童・さくらんぼ東根・村山となります。その先の停車駅は乗ったことがないのでわかりませんが、こらこら特急料金を返せと叫びたくなります。
 ????、おっと!ここで勝手に叫んではいけません。ここで叫んでしまうと絶対にとても恥ずかしい結果になってしまいます。
 だって私が使う村山という駅こそが私のさきほどの論法を持ってすれば、とても特急を停めるような駅ではないからです。ここに停めていただいて本当に助かっているのは私自身に他ならないわけでありますから。

 んーーーー。とんだ墓穴を掘るところでありました。アブナイアブナイ
コメントを投稿