2012年12月10日月曜日

炬燵に入ってVTRを見続けてしまった

金曜日の忘年会からちょっとだけ体調が悪い。風邪でもひいたのかも知れない。だから昨日の日曜日は居間に大好きな炬燵を出してもらって、それに潜り込んで朝から撮りためるだけ撮りためてあったVTRを片端から見続けてしまった。
 そうはいっても、もともと微熱があるような状態であるから、ほとんどは途中で眠くなってしまって、ほとんど覚えていないのであります。
 最近は生でテレビを見ることがなくなってしまった。たまにニュースでも見てみようかと思ってチャンネルを回してみるのだが、数分もしないうちにスイッチを切ってしまう。
 テレビ局というものは心底視聴者というものを馬鹿にしているものだと思う。その点VTRの場合は厳選してあるから見るに耐えるものが多い。意に反してクダラナイものであったら即座に消去してしまえばいいのだし、倍速にしたり早回しにしたり、キャプチャーそのものを飛ばしたりできるので精神的にはかなり楽だと思う。
 新聞をやめてから十年近くになる。近くのゴミ売販売所も閉鎖されてしまったし、週刊誌や雑誌もほとんど購入しなくなった。時々Amazonで中古本を手に入れるぐらいなものであります。この傾向は益々進むだろうなと思っています。
コメントを投稿