2013年2月18日月曜日

誰もやらなきゃ、俺がやるしかない?

その昔、週に2日か3日気まぐれのように夕ごはんを作っていた。ところがここ1年ぐらい長男がいきなり調理に目覚めてしまって、昼ごはんから夕食まで全部一手に引き受けてやるようになった。人間というものはおかしなもので、そうなるとこれまでちょっとは手伝わなくてなと思っていたことがどこかにぶっ飛んでしまって、まったく手を出さなくなってしまった。
 毎日3食上げ膳据え膳状態で私にとってはかなり良好な状態で過ごしてきたわけであります。
 こういう良好な状態というものは中々続くものではないものらしい。長男がいきなり転職をしてしまい、通常のサラリーマンの勤務形態になってしまってご飯の支度ができなくなってしまった。
 ここもおかしなもんであるが、これまで台所仕事を一切やらなかった私が、これまでの長男に対する感謝や恩義もあるのだと思うが、急に目覚めてしまい。週末や休日を除いた日の夕食を一手に引き受けてやり始めたのであります。
 いつまで続くかはわからないけど、今のところはまじめにやっている。で本日は月曜日であるからして献立を何にするかを、朝から考えこんでしまっているのであります。
コメントを投稿