2013年3月10日日曜日

明け方にウグイスの鳴き声を聞く


ここ数日来の暖かさは、いかに春の訪れに懐疑的な私にもようやくこの春が本物になってきたかなと思わせえるものがありました。
現在朝の1時45分でありますけれども部屋の温度は暖房をつけずに19.5度と素晴らしい数字を示しております。
たぶん、このまま今日の日中も暖かいままだと思います。なんとなく寒さで収縮しまくっていた全身の筋肉も緩んでくるように感じます。
今日は久しぶりにカメラでもぶら下げて散歩にでもでかけようかと思っています。

近所では外環道路の建設がかなり進んでおりまして、しばらく車を使わないでいると工事の都合で道路の進路がたびたび変更されており、これまで通ったことのないような風景の中を無理矢理走らされることが多くなってきました。
一度ならずもいつもの道路を通っていて、自宅に帰り着けないなんてことが多々ありました。これはこれでまた楽しいことでもあるのですが。

私の住む市川市なんてのは都市計画なんてのはどこにあるのかというぐらいにひどい道路ばかりです。
特に私の住む旧市街地なんてものは曲がりくねった狭い農道がそのまま自動車が通れる道に無理矢理拡張したようなものばかりであります。だからいつも車は渋滞しています。
そこに強制的に高速道路4車線一般道路4車線で都合8車線の道路がドーンと通るっていうのは大歓迎であります。これで件の渋滞も少しは緩和されるかなと期待するところもあります。ところでこの外環道路っていつ完成するのだろうか、これまでまじめに考えたこともなかったな。

そういえば、3日ほど前からウグイスが鳴くようになりました。最初その声を聞いたときはあまりにも唐突だったので、すぐには何の声か理解できずにいたのですが、「あれ?もしかしてウグイスじゃない」とオボロゲに思い出した途端に懐かしさが溢れてくると同時に冬の終わりを感じたのでありました。

ようやく私の苦手な寒い冬が終わりそうです。どこかをふらつくにはまだ早いだろうけれどもね。
コメントを投稿