2013年3月18日月曜日

今朝もマイルス・デイヴィスの「枯葉」を聞くところから始めよう

起き抜けに寒いなと感じない朝を迎えて久しいような気がする。本日も妙に暖かい、部屋の温度はすでに19℃もある。夕方には雨も降る予定だそうだが日中はそうそう温度が下がるわけでもないだろうと勝手に安全安心を決め込んでいる。

月曜日の朝はいくらウスラバカの私でも結構緊張しているものである。

緊張というよりも、
「よ~し、今週もやってやるぞ!」とか
「よ~し!今週もなんとか乗り切るぞ」とか
「よ~し、今週もなんとかなればいい」とかと自分を叱咤激励するのでありました。ただその叱咤激励のトーンが時間の経過とともにだんだんと下がっていくのはウスラバカの所以ではあるのですが。

そういえば先週の後半はお絵かき関係からすっかり遠ざかっていることを思いだした。昨年挑戦してヒイヒイ言いながら一応ひととおり終えた参考書を引っ張りだしてやってから遠ざかってしまったのであります。
昨年辛かった参考書は、ある程度の力がついた今、再びやってみてもやはり辛いのでありました。なぜ辛いのかと原因を考察してみますと自分の興味のない部分を強制的にやっていくという部分が辛いのであります。
先週やった部分は「海・島・お日様・雲・椰子の木」などというなんだか自分のあこがれの世界を描くという教材だったのでなんとかやれたのですが、次は名刺を作れとか地図を作れとかになっているのであります。
俺、名刺なんてほとんど使わないし、以前に20枚ほど印刷した名刺がまだ5枚ほど残っていてこれからも使う予定はまったくないから、「よ~し!やってやるか」などという気持ちを奮い立たせることにはならないわけであります。地図にしたってチラッと横目で眺めて「それ、ナニ?」てな具合になってしまうわけであります。

確かにそれらの課題をこなすことによって様々な技術が身について学習にはなるのでしょうけれどもやっていて面白くないのは時間のムダだしモチベーションを下げるだけだと思いその参考書に封印をすることにした。
仮に名刺や地図を作らなければならない状態になったら開いて参考にすればいいだけのことでしょうから。何か新しい課題を自分で見つけてそれに沿って学習していくことにします。

そうそう、本日のお目覚めの1曲はマイルス・デイヴィスの「枯葉」から始まりますね。なんで春先に枯葉なのだと一部から疑問の声が沸き上がってきても、私の頭はそのようにプログラミングされているのだから仕方がないのであります。またそのソースはスパゲッティのように絡みあっているものですが理解不能訂正不能となっているのであります。

以前から気に入ったアルバムがあると長期に渡って狂ったように聴き続けるという性癖がありまして、その恋焦がれている期間が終わるともう聞き飽きてしまってしばらくは憑き物が落ちたようにパタッと聞かなくなってしまうといいうものです。
それでもまた長い時間が過ぎてようやく平静で聞くことができてしまうのです。そうやっておそらく自分の中で熟成させているのだと思います。まさにこのアルバムはそのような私の贔屓の引き倒しのようなものになりそうであります。

コメントを投稿