2013年3月3日日曜日

少しずつ美人に仕上げていきます。

最初に作成した画像にちょっとだけ手を入れてました。最初の画像はちょっとだけ太り気味だったのですが、それを少しだけスマートにして腕の部分を書き加えて、目の部分を丁寧に書きました。目の部分はまつ毛が無いのですが、言われてみなければわからないですよね。迂闊にまつ毛を入れるとなんかケバイお姐ちゃんのようになりそうで怖くて描けません。
 眉毛とか鼻とか唇の部分も下手に手をいれるとなんか化け物のようになりそうな気がして手出しができません。
 後体の部分ですよね。服だって襟がおかしなところに付いているし、影がまったくついていなくて不自然であります。このあたりもまだまだ描けない部分であります。

 今回初めてわかった技を使いました。Photoshopでは選択部分を反転とすると右左逆に反転してくれますが、Illustratorではそのようにすると、選択されていない部分が選択されてしまい、左右逆にはできません。
その場合は選択をして右クリックで変形→リフレクトでできました。今回利用したのは目の部分であります。最初丁寧に片目だけを作成してコピーして左右反転させました。この技は結構使えますね。
あらためて画像を見てみますと心持ち首が短く感じますね。胸の肌の部分をもう少し露出すれば解消されるかもしれませんね。


眉の部分と鼻と襟元を改良しました。焦らずにじっくりとやってきますと段々と良くなってくるものですね。
顎の部分の影がちょっと不自然ですね。それから全体の影も右側にあるのはおかしいですよね。顔は右から光があたっているのに、影も右側についているというのはおかしな話であります。
それに影が体にぴったりとひっついているのはおかしいですよね。光源の問題もありますけれども普通もっと離れているものだと思います。どうしたらいいのだろうか。たんにドロップシャドウをかけてもダメなのかも知れない。

現時点では影を反対側につける方法がまだわかっていないので宿題であります。それから唇の部分があまりにおざなりであります。
体の部分もまだまだですね。肩の部分が女の人にしてはがっちりし過ぎかなと思うのであります。

明日もイジればもう少しなんとかなるかも知れません。
コメントを投稿