2013年6月12日水曜日

整理・整頓・清掃も一段落しました。ゴミを捨てるにもお金がかかるのだ

大型ゴミを車に積んで2回にわけて市川市のクリーンセンターなるところに運びました。大型ゴミを市役所に電話して取りにきてもらうのはかなり面倒な事だったのであります。ワンボックスの後ろにブルーシートを敷きまして、せっせとゴミを積み込みました。
最初は一度だけ運べば終わるかなと思っていたのですが、整理整頓を続けているうちにどうも1回だけでは済みそうにないという状況になったので、毎日コツコツとゴミの整理をしまして、2週間にわけて運び込んだわけであります。
クリーンセンターに到着すると思いの外個人でゴミを運んできている車が多くて20分ほど順番待ちをさせられまして、車ごと重さをはかりまして、指定した場所にそれぞれ降ろして終了です。帰りに再び車ごとに重量をはかり、その差額を料金として支払う仕組みでありました。奇しくも2回とも50kgでありまして、1050円でありました。合計100kgで2100円であります。

これでゴミの処分が終わったわけではありません。ブラウン管テレビと洗濯機なるものがありました。これは家電リサイクル法なるものがありまして、市では扱ってくれません。ホームページを見ても具体的にどうすればいいのかいまいちわからず、引き取り所に直接電話して聞きましたら、郵便局に振り込んでその書類を持ってこいというのであります。テレビが確か2500円で洗濯機が2800円ぐらいでありました。重くて一人では車には詰め込めないので休みだった次男に手伝ってもらいました。これですっかり自宅の内外はきれいさっぱりしたわけであります。でもその時はほっとして気が抜けてしまい2日ほど寝込んでしまいました。これ本当のことであります。

実際は捨てなければいけないものが後2つあります。そうですパソコンであります。ノートパソコン1台にキューブ型のディスクトップパソコン1台があります。これもそれなりのところに持ち込まないと処分できない仕組みになっていますが、「ご家庭でご不要となったパソコン・家電を無料でお引き取りいたします」と軽トラックでやってくる業者を待っている状態であります。いつもは煩いトラックだなと思っていたのですが、待っているとなかなかやってこないものであります。ま、そのうちにやってくるだろうと気を長くしてまってるのであります。
コメントを投稿