2013年8月27日火曜日

四国から戻りました。

 朝一番に空模様を確認して、洗濯物を干し始めた。行動は完全に日常生活に戻っているが、心はまだまだ上の空ではなくて旅の空であります。昨日帰宅してまだ間がないので、旅の興奮からまだ醒めてはいないのであります。
 昨日、四国一周の6日間の旅から帰ってきました。軽く1500km以上は走ったでしょうか。これで本州の太平洋側では広島県は尾道まで、日本海側では福井県永平寺及び東尋坊まで足あとを残したことになります。関西までいけば、島根とか鳥取などの日本海側の山陰地方は案外近いのだということを実感しました。
 九州まで行く途中に山口県も通ることになるでしょうから、九州の帰りに島根とか鳥取を通るってこともできるでしょう。すぐには無理でしょうが、いつかは通ってみたいと思っています。だからどうしたという話であります。
 旅に出る前に散々迷ったのは、四国に行くのか、それとも大好きな北海道にするのかという話でありました。これまで散々徘徊した北の国も確かに魅力的ではあるが、西の国も一度は見て置かなければいけないのではないかということで向かったのでありました。
 まだ疲れが取れていないので、ブログは追々書くことにします。とりあえず四国旅行からの無事帰還の報告まで

コメントを投稿