2013年9月28日土曜日

3分で描き上がった真っ赤なリンゴ

昨日は朝から思わず声を出して叫びたいような見事な秋晴れでありました。当然のことでありますが、洗濯物担当の私はオオヨロコビで庭駆けまわりした。
 朝から余りにウレシクてはしゃぎ回ったせいで夕方疲れてしまって、ちょっと一休みのつもりで横になったら、なんとグッスリと寝入ってしまいまして、目が覚めたら11時でありました。
 もう一度、寝直そうと努力してみたのですがどうにも寝られないので、そのまま仕事をすることにしました。なんだかすっかり生活のリズムが狂ってしまったようであります。
 先日、山形からリンゴが送られてきました。今年はじめてのリンゴであります。齧ってみると懐かしい秋の味が口いっぱいに広がりました。同時にシアワセもたっぷりと噛みしめました。

 仕事に飽きると、お絵描きソフトの解説動画をみます。それにも飽きると家事をやります。それに飽きたところでようやく仕事に戻ります。
 それに、映画鑑賞や、読書が入ってきたりするものですから、実にひとつのサイクルが長くなってしまう場合があり、一体何がメーンだっけと本末転倒になったりしてしまいます。遊びだか、仕事だか、境目のない遠近両用メガネのようになってしまいます。イヤハヤ

 Illustratorの解説動画を見まくっていましたら、このようなりリンゴを作成する方法がアップされていました。ちょっと不格好でありますが、これを作るのに、なんと3分でありました。もう少し曲線がそれらしいものにしたいのですが、パスの扱いがイマイチわかっていないものですから、偶然できたこのリンゴを取り敢えずアップしておくことにします。これ特別なことは何もしていないのです。半分の赤い楕円と茶色のヘタを書いて3D表示回転と指定したら瞬間に作成してくれました。
 なんということでしょうか。マイッタナー
コメントを投稿