2013年9月17日火曜日

歴史認識というけれど、私はまったく歴史など知ってはいなかったのです。

 最近良く聞く言葉が「歴史認識」というやつであります。これまで、あまり気にしたこともなかったのですが、あまりにひつこく云われるものですから、ちょっとだけ考えて見たのです。
そういえば中学・高校でも精々明治時代ぐらいまでの歴史しか学んでこなかったなと思ったのです。太平洋戦争に突入して敗戦濃厚な時期に、アメリカに無理矢理原爆を落とされて、あれよあれよという間に「鬼畜米英」を叫んでいたのに、いつの間にか米国の同盟国になって、東側と戦うとか戦わないなんて云っている間に東側が消滅してしまっていました。そして今や中国や韓国にヤンヤンと反日を叫ばれる立場になってしまったぐらいの知識しか持ちあわせていなかったことに気づきました。
 また唯一の被爆国だというのに、原子力発電所を日本中に建設しまくり、挙句の果てに爆発させてしまっています。そして、その原発を事故原因もまだほとんどわからないままに世界中に総理大臣がセールスの先頭に立って売りまくるというのですから、自分のほっぺたをつねってみたくらいであります。

 あれ?話がおかしな方向にいってしまったな。結論からいえば、私は歴史のことなんてまったく知っていないのではないかということであります。歴史といってもあまりに膨大ですから全部を理解することは不可能であります。せめて明治維新ぐらいから現代ぐらいまでの歴史を調べて自分なりに解釈してみたいなという思いにかられています。
 歴史っていうのは自国の歴史だけを羅列していってもあまり理解できないんですよね。自国の歴史に関係する国の歴史も並べていくと結構理解できるのではないかと思うのでそのあたりも簡単に集めてみたいと思っています。
 明治維新あたりからと書きましたが、明治維新って何年なんでしょうかね。まずはそのあたりからですね。
 とっても乱暴ですが慶応3年(1867年)の大政奉還ぐらいからを明治元年というみたいですね。中国は清の時代ですね。韓国は李氏朝鮮時代ですね。私はバカだから韓国はそのころ「朝鮮」という独立国家だったと思い込んでいたのです、そして朝鮮戦争を堺に北朝鮮と韓国に分裂したのかと思っていたのでした。国名も韓国ではなくて大韓民国というのですね。世界の近代国家で「大」なんて字がついているのは韓国だけだという記述をどこかで読んだ気がするのですが、本当でしょうか。
 だからって別になんてことないですけれどね。日本も昔は大日本帝国と言いましたからね。そういえば大英帝国ともいいましたね。あ、でもそれってかなり昔のことでありますけど。これは後から調べなくてはと思いますが、この「帝国主義」というものですね。「帝国主義反対!!」なんていう言葉もよく聞きますが、これもイマイチわかってはいないのであります。たぶん植民地主義と同意義なのかも知れません。実に曖昧部分であります。
 日本は徳川300年の体制を壊してなぜ明治維新なるものを起こさなければならなかったのかというところも調べてみる必要がありますね。ところでイギリスの産業革命はすでに起きていたのでしょうか。起きていたよね、だって確か黒船って蒸気船ですからね。あれが来航して日本は蜂の巣をつついた騒ぎになったのですからね。
 ここで今夏の四国旅行が活きてきますね。そうです、坂本龍馬が大活躍ですからね。でも坂本龍馬ってのは司馬遼太郎先生が発掘した人ですからね。そういえば愛媛ってのも司馬遼太郎先生は「坂の上の雲」で大きく取り上げていました。松山は今回はたんに素通りしただけのことだったのですけど。
 イギリスの産業革命1760年代から1830年代とありますから日本で1867年に大政奉還が行われたわけでありますから、かなり前の話なんですね。オランダやフランス、ドイツ等々の欧米列強が追随してきますからこのあたりの情勢も広く浅く知って置く必要がありますね。それに帝国主義がどうも絡んできそうですね。

本日のまとめ
  • 1760年代から1830年代イギリスの産業革命
  • 慶応3年(1867年)大政奉還
コメントを投稿