2013年10月4日金曜日

ちょっとだけ犬を連れて散歩に行ってきました。

肌寒い朝でありましたが、気分転換に散歩でもと思い立ち犬をつれて散歩にでました。久しぶりの散歩であります。途中で測量らしき事をやっていた人を見かけて、「これは何をする器械ですか?」と聞いてみたら、
「距離を測る器械です」
「ほら、向こう側に二人の人が立っているでしょ、あの器械からレーザー光を発射しますと、こちらの器械で反射して、それを読み取って瞬時にかなり正確な距離を測定することができるのです。」という答えが返ってきました。他にもかなりのものを測定できるのですということでありました。なんでも聞いてみるものですね。自分でもまだわからない器械がたくさんあって、覚えるのに大変だということでありました。
できるだけ大きな解像度で写真を撮っておいて、後で必要とする部分だけを切り抜いて使うなんて事を考えてみました。下の写真から船の部分だけを切り抜いたのが、上の写真であります。この切り抜きは一番簡単な方法であります。ずばり、切り抜きツールを使ってみたのであります。
この写真は山の部分だけを切り抜いてみました。全体の色合いが薄くなっているように感じます。
そこで色調補正をしてみましたが、補正の仕方が、まだイマイチわからないのであまり旨くはできませんでしたが、かなり良くはなっていると思います。
だんだん良くなる法華の太鼓とは良く云ったもので、最初はまったく歯が立たなかったお絵描きソフトも数多く触っているうちに、急速には上達はしないけれども、怖さのようなものは無くなってきますね。

最近はオモシロという感覚がでてきています。やはり何事も面白がってやるのが上達の早道だとは思いますが、なかなかオモシロイと思えるまでが、結構時間のかかるものなのですね。

切り抜きの作業をしていて思いついたのが、元になっている一枚の写真から3分ぐらいのVTRが作れるということです。最初様々なところ10枚ほど切り抜いて、つないでいけば、3分ぐらいの動画が楽に作れるということです。それに字幕やら、音楽やら、ナレーションを貼り付ければ一丁出来上がりということです。いつか実験的に作ってみようと思っています。
コメントを投稿