2013年10月26日土曜日

Edge AnimateとDreamWeaver

 今日は憧れの土曜日ですね。って云っても、私にはまったく関係がないのですけれども、土日祝祭日は昼メシの心配をすることがないというぐらいですね。そして本日も朝もはよからDreamWeaverにEdge Animateを中心にして作業を進めています。Edge Animateで吐き出したパッケージをDreamWeaverで読み込むというところまできまして、どのブラウザーでも完璧に動作するというところまできました。これ使いようによってはかなりの威力を発揮しますね。これからはこのツールを使ったバナーやホームページが増えてくるでしょうね。これ使い方はそれほど難しくないですから、素人でも反日(オマエは朝鮮人か)、いや半日ほど触っていれば簡単な動きのある動画やゲームが作成できますから。しかも今のところ無料ですよ。

また一つのホームページをスマホ・タブレット・パソコン画面で動作するという実験も旨くいきました。これまで、ちょっと誤解していたことがあったのですが、自分でやって見てその仕組がようやく理解できました。それはCSSファイルに書き込まれていた以下の2行です。
@media only screen and (min-width: 481px) {}
@media only screen and (min-width: 769px) {}
これでそれぞれの画面を判断して条件分岐をしているんですね。この文は初めて目にするものです。これまで誤解していた部分は、どこか一つでデザインをしてしまえば、単に画面を縮めたり広げたりするものだと思っていましたが、実際はそれぞれのディスプレーに応じてデザインを設定できるということであります。そしてそれをしないと、どうにもしまらないデザインになってしまいます。だから、面倒でもそれぞれのCSSを書き込まなければいけないということですね。実際はJqeryを使っています。吐出されたコードみたけれどもさっぱりわかりませんでした。以前に無謀にもこれに挑戦して挫折したのは良く理解できます。今はDreamWeaverに任せておけば瞬間で作成してくれますから楽ちんであります。もうこうなってくると恥も外聞もないのであります。道具が人に代わってやってくれるならそれでいいじゃないですか。

どれ昼からまたガンバロウっと

コメントを投稿