2013年11月12日火曜日

酔ってない日々が4日目であります。

どうも酒を呑んでいないと、寝付きは悪いし、目がさめるのも早いのであります。10時には布団に入ったのだが、なかなか寝られない。いつもはアルコールを睡眠薬代わりにしているからでしょう。習慣というものはなかなか破れないものであります。
それで目覚めたのが1時ちょっと過ぎであります。この時間に起きるのはそれほど珍しいことではありません。ただいつもと違うのはアルコールがまったく残っていないことであります。それは当然のことであります。もう3日間もアルコールを抜いているのですから。
このまま少し寝ても良かったのですが、起きていても別に不都合なことは何も無さそうだったので構わず仕事に突入することにした。明け方までやったら相当な時間を当てることができると計算したのであります。
本当は費やす時間を計算に入れるというのは大きな間違いなのです。コンビニのアルバイトではあるまいし、8時間やったから8000円分の成果が上がるかといえば、まったく上がらない場合もあるし、30分ほどで、目を見張る成果を上げることもできる場合もあるのです。同じように資本金を大量に投入したからそれなりの成果を上げることができるかといえば、そうとも限らないわけであります。10万円投入したから100万円の収益をあげることができるのかと問われると黙るしかなくなるわけであります。オマエはそれほど不確実なことを、毎日、毎日やっているのかと云われれば返す言葉はありません。そのとおりなのですから。

ま、そんな事はこの際まったく関係なく、本日はやれるところまで頑張って、眠くてしょうがなかったらきっちり布団に入って本格的に寝ることにしてパソコンのスイッチを入れたのでした。
コメントを投稿