2013年11月19日火曜日

大きなカン違い?

「宇宙船地球号の乗組員として、未来の子ども・・・・・・」笑わせてくれるよ。これが市会議員補欠選挙の立候補者のポスターに書かれていたキャッチコピーなのである。
大体市会議員そのものが普段何をしているかわからない存在であります。以前にごく身近に市会議員なる先生がいた。そいつは普段から不遜な態度でえばりまくっていた。良く選挙運動に駆り出されたれたりはしたが、実際に投票する時は別のヤツに入れていた。その別のヤツだって良く知りはしなかった。その尊大でエバリヤの先生もいつの間にか死んでしまってたが、別に市政が大きく変わったなどということはまったくなかった。
今月の24日に市長と市会議員補欠選挙が行われる。市長は2名の立候補者で補欠選挙は2名であるから、周囲はそうウルサクなるわけでないだろうと期待する。所詮あいつらはそのぐらいの存在なのである。
コメントを投稿