2013年11月21日木曜日

市川北インターチェンジと道の駅がほんの近くにできるらしいです。

本日も日差しの暖かいうちに犬の散歩にでかけました。昨日100均で購入した犬だましのボールをポケットに入れてです。
犬走りに使っている広い野原のような公園で試してみました。確かに夢中になって遊ぶことは遊ぶのですが、10分ほどそのボールで遊ばせたら、ボロボロになってしまいました。
やはり私の考えが甘かったようであります。まだ結構な数のボールが残っていますから、毎日1個がダメになる計算で全部使いきってやろうと思っています。

散歩のコースに外環道路の工事現場をいれています。大型の重機や、トラックなどが仕事をしているのを見るのが好きなのであります。
最近感じたのはかなり工事の進み方が最近急に早くなってきたのではないかということであります。それでいつ完成するのかというのがこちらも急に気になりだしました。
これまでは、目立って工事が進んでいるようには見えなかったので気にもならなかったのでありますが。そこで検索をしてみましたら、なんと2015年度末に開通予定になっているんですね。
それからわかった事は自宅から3分ほどのところに市川北インターチェンジなるものができまして、4分ぐらいのところに、なんと「道の駅」まできるのでありました。
 道の駅の建設予定地は、同市国分6の外環道と国分川に挟まれた約1・5ヘクタール。現在は民有地でほとんどが農地となっており、市が用地買収を進める。
 道の駅は、地下を通る外環道からは直接入れないが、地上部分に同時に開通予定の国道298号と直結する。同道路は1日当たり4万台の交通量が見込まれる。外環道からは、道の駅の約300メートル南側に建設予定の市川北インターチェンジからアクセスできる。
 24時間利用できる休憩施設を設けるほか、貯水タンク、非常用トイレ、非常用電源などの防災機能を強化。災害時の避難場所や物資輸送の拠点とする。周辺住民の交流拠点としての活用も考えており、レストランや会議室を備える。
道の駅ができるのもインターチェンジができるのも知ってはいたのですが、まさかこんなに近くにできるものとは想像もしていませんでした。これから来年にかけては道路が形になって造られるのを目にすることができるでしょうね。といっても、高速道路はほとんどが地下にあるので穴だけは見ることができるでしょう。
これから道の駅の用地買収を始めるとありますが、散歩をしていると広大な畑がトラクターで綺麗に耕されてはいるのですが、何か作物が植えられているということを目にしたことがないという畑を目にするのですが、このあたりのお百姓さんは、都市化にともなって何かのきっかけで畑が高く売れることをひたすら狙っているのでしょうね。これで納得できました。 
コメントを投稿