2013年12月7日土曜日

Dreamweaverは遅すぎます。だからEdge Code CCを併用しています。

ここんところ珍しく忙しいのです。だから毎日走り回っているのです。だから、私は久しぶりに師になったのです。
なんてバカなことを相変わらずのたまっているのでありました。毎週月曜日の昼ごろに生協から1週間分の注文商品が届くのでありますが、それを受け取るのはいつも自宅に籠っている私の役割となります。いつものように商品を受け取っていた中に、なんと来年の「しめ飾り」が入っていたのであります。私は思わずのけぞってしまいました。そうか時代は神様をも宅配で購入する時代かと妙に感心してしまったのであります。
開発にも疲れてきた時に、試しにAmazonで「しめ飾り」を検索してみましたら、予想したとおりに
左の写真なるものが出てきました。値段の高い順に並べ替えてみたら、しめ飾りとしてはこれが一番高額でありました。だからどうしたということではないのですが、なんか変だなと違和感を持ったわけでありますが、「しめ縄」をどこで調達しようが、正月に玄関前に掲げておけば、生協で購入したなんてことはわからないわけでありまして・・・、でもなんか変だな。
以前にAdobeのDreamweaverがオソロシク遅いと書いたのですが、それは冗談ではない遅さで、しばらく我慢して開発していたのですが、もうその我慢の限界も超えてしまいました。そこで使い始めたのが同じAdobeのEdge Code CCというテキストエディタ-であります。テキストエディタ-などはどれでも良かったのですが、毒を食らわば皿までもということで試してみることにしました。まだ日本語版は無いのですが、エディターで使われている英語などは、英語アレルギーの私にも理解できることばかりなので何らの不都合はありません。
使ってみた感じは、それほど便利というわけでもありませんが、HTMLとかCSSに特化されているので、便利というか、Dreamweaverのクソのろい動作から逃れられるだけマシということでしょうか。
試しにDreamweaverとEdge Code CCを同時に立ちあげておいて、同じファイルを編集しますとDreamweaver側に戻りますと「他で編集されています、更新しますか」のような英語のメッセージが表示されますから、迷わず更新します。同じようにDreamweaverで編集を行い、Edge Code CC側に戻りますと、同じような英語のメッセージが表示されますから、更新を行うことによって同期されるということであります。最近はもっぱらこの方法で開発を続けていますが、基本的にDreamweaverの編集におけるスピードさえ上がればこんなややこしい方法をとらなくても済むのではないかと思います。ガンバレAdobeですね。


コメントを投稿