2014年1月27日月曜日

この寒い中、車中泊を繰り返しました。

またブログ更新の間が空いてしまいました。年始に「今年は旅をすることにする」と決意しました。でも旅をするにはちょっと寒すぎます。そこで近くを旅のマネをすることにして、埼玉とか千葉県内を一晩泊りで仕事をしながらウロツイていました。埼玉は仕事を貰っている会社ですから、まさに一石二鳥なわけであります。
当然宿泊は車のなかであります。今年の車中泊はもう4回ほどやってみました。一番の課題は寒さを感じずぐっすりと寝るというものであります。寒くて一晩中震えていて眠れなかったなんてのを
避けたいと思っていました。
だから寝袋は二重にして、それでも安心できずに電気毛布まで用意してあったのであります。車中泊での快適な安眠を試すには最適な季節であります。1月から2月にかけては一年で一番寒い季節なのでありますから。それに先日の実験は埼玉の岩槻でおこなったのですが、その夜は雪が降ってくるという最高のシチュエーションだったのであります。
その経験したこともなかった寒い夜に、寝袋をダブルにすることを怠ったのです。寝たのは11時頃だったのですが、いつもは酒を飲む前に寝所だけはいつでも寝られるように整えてから飲み始めるのですが、その日の昼間は結構暖かくてついつい油断をしてしまったのであります。
社長のKと呑み始めてそろそろ酔ってきて、そぞろ足で車にたどりつきそのままダウンの寝袋に潜ってぐっすりと寝込んでしまったのです。
その結果は、現在持っているダウンの寝袋ひとつでかなりの寒さに耐えられるということです。これまで夏用の封筒型の寝袋のなかにダウンの寝袋を入れて使用していたのですが、そんなことをひとつもする必要がなくて、まして電気毛布などはこれまで一度も使用したことがなかったということであります。
この結果はある意味結構がっかりしているところもあります。電気毛布を使用するために設備投資は10万円に近いものがあるのです。それはすべて無用の長物であったということであります。ただサブバッテリーシステムは長期間ノートパソコンで仕事ができるための設備でもありますから救われるところはありますけども。
世の中には実際にやってみなければわからんところがたくさんあるということであります。
それからダウンの寝袋に-5℃という表記がありますが、そんなものまったく信じていなかったのであります。でもこれまでの実験を通して、0度ぐらいであったら充分に暖かいものだということがわかった次第であります。ただ寝袋の温度表示ってのはメーカーによっても違うだろうし、何を基準にしているのかが今一わからないものですから、ちょっとした目安にしかならないってところですかね。
コメントを投稿