2014年3月23日日曜日

ノートパソコンに大型ディスプレーをつないで使ってみる

これまで進めてきた、整理整頓によって仕事場の机はかなり大きく広くなったので、ノートパソコンを設置して大きなディスプレーにつなぎ、ついでにキーボードも別につなぎ実質2台目のディスクトップパソコンとして使おうと思って、これまで使ってなかったディスプレーを設置したまでは良かったのだが、そこで始めて気がついた。なんとノートパソコンにはディスプレーをつなぐ端子がついていなかったのであります。これまで購入してきたノートパソコンにはついていてあたり前のものがどこを探しても見当たらなかったのであります。
そこでさっそくネットで検索してみたら、HDMIで繋ぐらしいことがわかった。これまでHDMIは茶の間の液晶テレビに日常的につないで、ネット上の動画をみたり、自作した動画作品を試聴するのに使ってきた。この規格があったおかげで地上波のテレビを見る機会はほとんどなくなってしまったという経緯があるのです。それはいいとして、ディスプレー側にはたしてHDMI端子がついているのかを半信半疑ながら調べてみると、「エライぞ!BenQ」ということで、HDMI端子が2つもついていました。そこでテレビとノートパソコンをつないでいるHDMIケーブルを取り外して持ってこようかとも思ったのだが、このケーブルはやたら長くて5メートル以上ある。食卓のテーブルからもコントロールできるように長いものを購入したのであります。
これは短いやつを買うしかないなと思いAmazonへ

もっと短くても良かったのですが、これが一番短いようであります。以前は珍しい規格だなと思っていたHDMIも、普通になってきているのですね。
本日到着の予定でありますから、使用感はのちほど

朝一番にケーブルが到着したので、全ての作業を中断して、さっそくつないでみました。ディスプレー側の入力端子をHDMI1に設定したら、何もすることなくつながってしまいました。ノートパソコン側のコントロールパネルでディスプレーをセカンドだけにしてしまいました。同じ画面が2つあってもどうしようもないですからね。その結果が下の写真です。
上の写真はひょっとしたら今年始めて撮るのかも知れません。取り込みの時に2014年を指定しようと思ったらフォルダーそのものが無かったので新たに作成しました。PhotoShopの練習を散々やっているくせに肝心な写真を撮るのを忘れているという、とんでもないオヤジでありました。
コメントを投稿