2014年3月29日土曜日

羽生市にある福祉施設に行ってきました

空と雲の家福祉会という埼玉県羽生市にある福祉施設に行ってきました。友人のきくちゃんが理美容のボランティアにいくというので、金魚の糞よろしくのこのこついていっただけの話であります。そこはこれまで私が憧れていた農業をやっていました。米を作り、野菜をつくり花卉をつくり、なんと蜂蜜まで作っておりました。広い敷地に桃源郷のような風景が展開されていました。一発でノックダウンされてしまいました。
いつでも泊まりで遊びにきてもいいよというお言葉に甘えて、これからちょくちょく行くかも知れません。百姓のボラティアをやりたいのだけれども、整理整頓をやっただけで全身疲労に襲われるやわな体ではまったく役にはたたないだろうとは思うのですけれども、コツコツと体力をつけて挑戦したいとは思ってはいます。

さくがに本日はダウンしてしまったので、まったく何もせず、ゴロゴロして一日を過ごしてしまいました。桜の花も咲きほころんでいるので花見もしたかったのですが、なにせ体がいうことを効きませんので仕方がないのです。
福祉法人に行く途中に、白い木蓮や辛夷(こぶし)の花が咲き乱れており、数年前に桜前線とともに北上し東北は秋田まで旅したことを思い出しました。「出かけるなら、今でしょ」という言葉が後頭部あたりをグルグル回りしているのですが、どうしても日程の都合がつきません。こうなってくると仕事があるというのも痛し痒しになってきますね。
コメントを投稿