2014年4月5日土曜日

光れワイヤレスキーボード

昨日失敗してしまった、菜の花の写真を作りなおしてみました。枠線が強すぎるし、影も濃すぎるような気がする。
ま、今回はこんなもんで済ませてしまいましょう。なにせこの一週間ほど体調不良でろくに仕事もできませんでしたから、やることが山ほどありまして、焦ればあせるほど何も片付かず、その状態をみて益々焦ってしまうという最悪の状態であります。本当にまいったな。
昨日あたりからなんとか体調も戻りつつあるのでとりあえずこれでヨシとしなければいけませんよね。

ノートパソコンにつないでいたキーボードが壊れてしまった。これ結構な値段がしたものだけど、「L・り」のキーが欠損してしまった。こうなるとどうやっても使えないのであります。
マウスもワイヤレスを採用したので、ついでにキーボードもワイヤレスにしました。そして暗闇で光るというイルミネートキーボードを使うことにしました。旅先での夜中、暗い車内で仕事をしている時に気がついたのですが、普段覚えているつもりでも案外細かなキー配置を覚えてなくて、もどかしい思いをしたことがあったので、キーボード自らが発光するというやつを選んだのでありました。
使ってみた結果でありますが、普通のごくあたり前の感覚です。もともと打鍵の感覚にそれほど気を使うほうではないので、このあたりの評価はまったく信用しないでください。昨日から散々使っておいて、今朝はじめて気がついたのですがキーに50音の表記がまったくありませんでした。ひらがな入力の仕方も知らないのですから、むしる無いほうがいいのかも知れません。
さてこのキーボードの欠点といえるのかどうかですが、ずっしりと重いです。何よりも重いのがノートパソコンであります。形状がノートパソコンではありますがディスクトップとして扱っています。マウスも重いキーボードも重いというおいそれとは持ち運べないノートパソコンとなっております。
もっとも旅する時は車に備え付けますから別に重くてもかまわないのであります。さすがにディスプレーまで持ち運ぼうとは思いませんが旅先でも仕事場と同じ環境で仕事ができるというのを理想としているのであります。

コメントを投稿