2014年5月15日木曜日

寝ぼけた

自分の頭のなかで勝手に目標を設定していた「毎日1万歩以上を歩く」は、妄想以下ということで、いとも簡単に打ち破られてしまいました。
なにせ現状では1時間近く歩いて2000歩弱でありますから、ほとんどうろんな奴などまったくお呼びでない世界でありました。ごめんなさい、毎日1万歩ほど歩いている皆様私がワルーウございました。
ということで、自分の妄想から生まれた目標は一回だけの試験散歩だけで方針をガラリと変更することにしました。「歩きたい時だけ歩く、距離や歩数、時間にはまったくこだわらない」という風にしました。それでいいのです。別に私は一日一万歩を歩くために存在しているわけではないのですから。
うーん、なんか凄い言い訳に聞こえんこともないな。

さて、自分に都合の悪い話題はスルリとパスしまして、他の話題にいこうと思ったのですが、考えてみればネタが無いので無理矢理に自分の健康問題を取り上げているのでして、スルリと他のネタに移れるほどのものを持ってないことに気づくのでありました。

さて、「毎日一万歩以上を歩く」という安易な目標を撤回した朝に、都合よくというか、渡りに舟というか、夜も明けない朝に雨模様でありました。こうなると散歩中止の決断は早かった。決断が早いと精神的な負担も軽く済みます。たった3日か4日の散歩はそれ相応の負担であったようであります。

昼過ぎに少しの疲労を覚えて昼寝を決め込んだら、夜までぐっすりと寝入ってしまって、目が覚めたら辺りは真っ暗でありました。寝ぼけました。なんと朝だと勘違いしたのです。
「歩数計どこだっけ、あれ?iPhoneはどこへ行ったのだろう」と、時間にしたら何十秒だったのだろうけども、まだ今日の内なんだと悟った時の安堵感は・・・・・・・・・

無理な目標を立ててはいけないという教訓のような話でありました。「どこが・・・!」
コメントを投稿