2014年5月23日金曜日

やって見なければわからない、机上の空論

昨日作成していた画像は、HTML上でこのように使いたかったのであります。ここでは対にはできませんが、一番下のほうに左右対になるようにバックグランドにしたかったのですが、やって見てわかったのですが、どうもうまくいかないのです。
上の方に貼り付ける分にはなんら問題はないのですが、一番下となると思わぬ落とし穴があったのであります。
貼り付ける枠(DIV)は右・中・左とありまして、中にコンテンツが何も無ければうまくいきますが、コンテンツがあると、自動で伸び縮みしますから、コンテンツの大きさによって右・中・左の枠の下部が揃わないということになります。
それでは強引に枠(DIV)の縦の長さを500pxなどと決めてしまうというのも手なんですが、どこかに、決められたコンテンツよりも大きなものを入れた時にはCSSも変更しなければならなくなります。なんとかこれを避けたいのですが、今のところそれしか見つかりません。これは一時保留としています。そのうちに旨い解決法が見つかるかも知れませんからね。



最終的には全体の大枠を上記のようなものにしたかったのですが、どうもうまくいかないようです。
といいながら、実際にこうして画像を作成して貼り付けてみてわかったのですが、これと同じようにHTML上でもできますね。かなり手間がかかりますけど。
最初に思いついたのは枠(DIV)のバックグランドに配置しようとしたから無理があったのですが、最初から飾りのための枠(DIV)を四隅に配置してしまえば簡単にできますね。

ただこれしき装飾をやるのにそれほどの力を使う必要があるのかどうかの問題となります。上記の画像は、まだ各コンテンツで埋めていないから、なんとなく見られますが各種コンテンツで埋まってしまったらどうなのでしょうか。
うーん、またあらたな問題がでてきてしまいました。
コメントを投稿