2014年6月5日木曜日

丸と三角でどこが人物なんじゃ

体調の悪い時は、線を一本引くのも面倒くさく思われる。そんなもんにこだわっていてどうなるもんでもないだろうという気持ちが先にたってしまって、何もする気にならなくなる。
まだ、集中力のある、朝方に矢印を作ってみた。矢印って案外使うの箇所があるのだが、どうやって作るのかはこれまで知らなかった。どうにかこうにか作ってはみたけど、野暮ったくて気に入らない。当然作り直しということになります。ただ普通の矢印の作り方は覚えた気がする。

人にはそれぞれの持っている色彩というのがあるような気がしてならない。これまで他人の好む色にたいして文句はいったことはない、なぜなら、自分の持っている色を他人に貶されると、そいつを殺したくなるほどの嫌悪感を持つからだ。だから自分でやられて嫌なことは決して他人に向かっても行わい主義なのであります。
ただそれぞれの人の持っている色彩感覚にたいして徹底して不快感を持ったことはこれまでないのであります。それどころか、むしろ逆に感心してしまうことの方が多いから不思議であります。時に陰に隠れてそっと真似してみたりも、しているのです。なぜなら、自分の中では決してそのような色の組み合わせを行えないからなのです。

集中力の切れたなかで、昨日必死こいて作ったやつです。うーん、これはテルテル坊主の集まりだなと思う。せめて髪の毛ぐらいは書き加えてやろうか。
ただこれだけ単純なものに付け加えるというのもなかなか難しいような気もするがやってみますか。
そろそろ人物を書く練習をしなければと思っていましたからね。丸と三角でどこが人物なんじゃと云われてしまいそうでありますが。
コメントを投稿