2014年8月18日月曜日

さて、ちょっと遅めの夏休み、どこへ行くかが問題なのだ

お盆休みも一般的には昨日で終わります。上りの帰省ラッシュも終息を迎えたようであります。都会は再び喧騒の渦のなかに呑み込まれていくのでしょう。
今年はお盆の終わりにあわせるかのように気温がグンと下がったようであります。ヒグラシの声こそまだ聞いていませんが、かなり過ごしやすくなったのは確かなようであります。

写真は今年の7月に2番目のあんちゃんに連れられて、車中泊での旅にでた時のものであります。
場所は富山県にある、我が家のお気に入りの野営場から見下ろしたダム湖であります。詳しい場所は書きません。これまでお気に入りの野営地を書き込んだおかげで追い出されてしまった場所が数箇所あるのです。なにも考えずに何年かぶりに、ワクワクしながら訪ねると、それまでとは様相が一変してしまっていて、いつ行っても人影が無かったところが、大勢のファミリキャンパーに占領されていて入ることができなかったなんてことにが結構あったのであります。
詳しい場所は書きませんが推測して見つけて利用することには文句のつけようがありません。むしろそれはヨロコバシイことでありますから。
この場所は24時間利用可能なトイレもついていますし、歩いて2分ぐらいの場所に清潔感あふれる日帰り温泉があります。夜は周囲に人家もなく利用する人もいないから、慣れていない人にとってはかなり寂しいところとなります。もちろん、熊はみかけたことがありませんが、たぶんいるとは思います。野生の猿も鹿もいます。これは何度も近くで目にしました。基本的にこういう場所が好きなのであります。なんだかすごく狭量のように思われるでしょうが、貧乏な私のほんの僅かな楽しみなわけですから大切にするしかないのであります。
まだ荒らされていない野営地を数箇所もっています。ただ考えてみると段々とその距離が遠くなって行くような気がします。
コメントを投稿