2014年8月26日火曜日

夏休みの旅から帰宅しました。

結果的に、この森のなかに妻と二人きりで3日間居座り続けたことになります。後の1日はもっともっと高い場所に泊まりました。

 入院した当時と比べれば格段に良くなったとは思うのだが、一度バランスを崩してしまった体調というものは、なかなか元には戻らないものであります。今回の旅にはかなりの不安を覚えましたが、妻が運転するということで強行しました。
とりあえず行き慣れていて、地域を熟知している長野県上田市を目指しました。我が家御用達のキャンプ場で一息いれてから、その時の体調しだいでどうするかを決めるということで出発しました。
 基本的にほとんどの運転は妻がやりました、こうして自宅に戻ってブログなどを書いていますから、無事だったわけであります。ただ違った意味で私は心の芯までぐったりするほど疲れましたけれども。
 私の感覚では一般道を走るよりも高速道路のほうが楽だと思うのですが、妻は逆に高速道路が怖いというので、一般道を使うことにしました。大半のドライブはただただ退屈な埼玉の街との戦いが続きます。いつも思うのですが、長野や日本海側に出る時にこの埼玉さえなかったらなんぼか楽なのにと。
私の住む市川市からは横に長い埼玉県を横断するような形で通って行く形になるのです。千葉県ならばちょっと走れば田舎町にでますが、埼玉は経済力が千葉県よりかは数段上なのか都会の街という感じが延々と続きます。ああ、やだやだ。
この話もっともっと持たせます。久しぶりのネタなので一気に書くのは惜しいですから。これで3ヶ月ほど持たせられたら最高ですね。
コメントを投稿