2014年8月28日木曜日

長野で療養といえば堀辰雄を連想してしまいます

確か7年ぐらい前は、このあたりは携帯の電波が届かなかったところなのでありますが、携帯をSoftBankからauに変更したからなのか、バリバリ入るようであります。

私の中では旅から湯治に急遽変更してしまっていたのですが、なかなか妻には言い出せなくていました。

温泉は午前10時からですから、のんびりと朝食を摂りました。昨日よりは天気が良いらしく木々の葉っぱの間から結構強い日差しが照りつけてきます。

うーん、これはたまらんと、妻と二人でテーブルを持ち上げて日陰に移動します。普段は気にも止めないのでありますが、太陽の移動するスピードって案外早いものであります。
先ほどまで快適だった場所が再び強い光と熱が差し込んできます。そうすると、また二人で移動です。これを3,4回繰り返し、絶対的に日が差さない木陰を見つけて一段落であります。

妻は何やらスマホで熱心にメールを打ち続けています。電波が届くというのもこうなればいいのかわるいのか。

私はこの旅行のために用意した「ザ・ベスト・オールディーズ (CD2枚組)」の曲をアウトドア用のスピーカーから低く流し、所在なげにタバコをくゆらします。



DISC 1
ビー・マイ・ベイビー ロコモーション ムーンリヴァー 砂に書いたラヴレター カレンダー・ガール 悲しき天使 すてきな16歳 ラストダンスは私に シュガー・シュガー 青春の光と影 ハロー・メリー・ルウ エンド・オブ・ザ・ワールド ヴィーナス この素晴らしき世界 アンチェインド・メロディー ヘイ・ポーラ ヤング・ガール ダイアナ おお!キャロル ライオンは寝ている
DISC 2
カラーに口紅 オンリー・ユー 悲しき街角 マイ・ガール 煙が目にしみる サイレンス・イズ・ゴールデン パフ テネシー・ワルツ 君はわが運命 パピー・ラヴ ローズ・ガーデン 花はどこへ行った 雨に歩けば ロックンロール・ミュージック
スタンド・バイ・ミー ロンリー・ボーイ 想い出のグリーン・グラス デイドリーム・ビリーバー マイ・ウェイ ハートに火をつけて
オールディーズとはいいながら、とても新鮮に感じます。ビー・マイ・ベイビーなどはこのままそっくり新譜として出しても通用するのではないかと思ったくらいであります。これらの曲のなかには和製ポップスとして日本語で歌われた曲もあり、オリジナルを聞くのが初めてだったやつもありました。ヴィーナスとか悲しき天使・デイドリーム・ビリーバーをオールディーズに含めているのにはちょっと違和感がありましたけれども。
コメントを投稿