2014年10月20日月曜日

電子ペーパーと暮らすシアワセ

相変わらず鼻水がズルズルと落ちてくるのですが、でてくるのが鼻水で良かったと少し安心しています。脳みそがズルズルと落ちてくるのでは、こうして落ち着いていられませんからね。
また朝の散歩をトレーニング代わりに始めました。朝の1時間半ほど歩きまわっていたのですが、9日ほど続けた時点で疲労が極点に達してしまったので、金曜日から3日間教養をとりました。
しばらくの間は4日間歩いたら3日間休養というパターンで続けてみようと思っています。それで今日が4日間散歩の初日になるわけであります。

「Kindleと小銭いれだけを持って公園でのんびりと散歩をしたい」とのたもうたのは上海在住の坂本であります。中国ではそんなことができませんからね切実な願望なのでありましょう。だったら私が実践してやろうと機会を狙っているのですが、金曜日に疲労でダウンしてしまったので、土日に仕事をしなければならない状態になってしまってできませんでした。暖かくて最高の天候だったんですけれどもね。

電子ペーパーKindleを購入してからは格段に読書量が増えてきました。とにかく手軽なのであります。ひとつの端末に4000冊が入るそうであります。これってちょっとした図書館に匹敵する量だと思います。それは端末に収蔵されている量でありまして、クラウド側には無限といってもいいぐらいの蔵書が収蔵できるわけであります。それに読みたい本があればKindleからネットで注文して即座に端末に送り込まれるのですからたまりません。
ただ現時点ですべての本が電子ペーパー化されているわけではないので、結構不便を感じることはありますが、いずれほとんどの本が端末で読める時代がくるだろうと思っています。

現在私のKindleには30冊ほどの本が収納されています。大半は無料の本でありますが、手軽に購入できるものですから、まだ読んでもいない本がたくさんあるにもかかわらずほいほいと購入してしまい、1万円を超えてしまいました。今月はこれ以上購入するのはやめようと強く決意しているわかであります。

音楽も手軽に持ち運びのできるものになっており、私のライブラリーはようやく1万5000曲を超えまして、100GBになりました。ところが最近の傾向としては自分では所有しないで月にいくらかを支払って何十万曲の中から好きな曲を聴き放題ってのが出てきているそうであります。

こりゃぁすごい時代になってきたもんです。うれしい限りであります。そのうちに小さな端末を身につけていれば、歩きながら音楽を聞き読書もして同時に仕事もこなすなんてことができるようになりますね。長生きはするもんですね。



コメントを投稿